無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失敗しないゴーヤーの3つの保存方法!乾燥保存なら数ヶ月も!?

夏に収穫のピークを迎える「ゴーヤー」。夏の日差しを遮るグリーンカーテンとしても、ゴーヤーはブームになりましたね!そんな家庭菜園でも大量に手に入るゴーヤー、長期間保存するコツがあるんです♪ さらに保存の効くゴーヤーレシピもご紹介していきます。

manaminmin

レシピ

ゴーヤーの保存方法・食べごろは?

基本の保存方法

野菜の保存方法は、育った環境に合わせた温度の場所というのが一般的です。暖かい土の中で育つじゃがいもや、夏が収穫時期のかぼちゃが常温保存の代表格ですね。

ここで本題である、夏の太陽をいっぱい浴びて育った「ゴーヤー」。常温保存できそう!に思えますが実は"常温NG野菜"なんです。ゴーヤーを常温保存した場合、2日から3日くらいで黄色く変色し、しわしわと傷んできてしまいます。ゴーヤーを収穫したり買ってきたときは、すぐに"野菜室"へ。立てて保存することで、表面に傷がつきにくいですよ。

食べごろ

ゴーヤーの基本的な食べごろは黄色く熟す前、濃くみずみずしい緑色の状態が理想的です。固いハリがあるゴーヤーは味が濃く、ツヤがある方が鮮度も高めでおいしいと言われていますよ。

いぼが大きすぎるゴーヤーは熟成度が進んでいて、みずみずしさや食感が悪くなっていきます。スーパーでゴーヤーを買うときは、表面のいぼが小さく膨らみ、密集したものを選びましょう。

使いたい時にすぐ調理できる!ゴーヤーの冷蔵保存方法

保存方法の手順

ゴーヤーは中の種やワタ部分から、劣化が進んでいきます。できるだけすぐに取り除いた状態で保存しましょう。種やワタの取り出し方は縦半分に切ってから、大きめのスプーンをえぐるように使います。包丁よりも簡単に取り除くことができますよ。

空気を入れないように、ぴったりとラップを密着させて包みます。乾燥に弱いので切り口を下にし、冷蔵の野菜室で保存しましょう。

注意点

ゴーヤは水気や乾燥に弱く、劣化が進みやすくなります。またカットしたあとに洗うと、切り口から栄養素が流れてしまうことも。保存するときは水で洗わずに、汚れが気になる場合はキッチンペーパーで優しく拭き取ってください。

保存期間

種やワタを取り除いた状態であれば、1週間から10日ほど冷蔵保存することができます。傷んでくるとしわしわと縮むように乾燥していくので、みずみずしくおいしい状態のうちに使い切りましょう。

大量のゴーヤーも長く保存!ゴーヤーの冷凍保存方法

保存方法の手順

家庭菜園やベランダで大量のゴーヤーを収穫した、そんなときは冷凍保存してみましょう。冷蔵保存と同じように縦半分にカットし、中を取り除きます。

ゴーヤーをお好みの幅でスライスしていきます。ゴーヤー特有の苦味が苦手な方は、薄めにスライスすることで緩和されますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ