無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パワーアップして再登場!「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」

旅行・おでかけ

一昨年あまりの人気に入場6時間待ちを記録し、47日間で幕を閉じた、DMM.プラネッツ(2016年)が更に進化して登場!超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が東京・豊洲に2020年までの2年間限定オープン。

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が東京・豊洲に2年間限定オープン!

2016年に東京・お台場で開催し、6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた「DMM.プラネッツ Art byteamLab」を進化させた、チームラボの超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が、東京・豊洲に、2018年7月7日から2020年秋まで2年間限定でオープンします。

総敷地面積10,000平米の空間内に、超巨大な没入型作品群は時間を忘れて没頭してしまうほどの非日常的空間です。

光の宇宙空間が全方位に無限に広がる「The Infinite Crystal Universe」、巨大なドーム空間の 作品 「Floating in the Falling Universe of Flowers」、無限に広がる水面の作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」の 他、新しい巨大な没入空間の作品として、有機的に動き続ける、無数の浮遊する光の球体に埋め尽くされた「変容する空間、広がる立体的存在 -自由浮遊、3色と新しい9色」が展示されます。

他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する

「他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する」というテーマのもと、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく作品は世界各国のメディアでも取り上げられています。

チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」をコンセプトに作品を展開。「Body Immersive」とは、デジタルテクノロジーによって、作品とそれを媒介する キャンバスが分離され、キャンバスを変容的なものにすることができることによって、もしくは、 連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚 によって 、身体ごと作品に没入させることができるという考えです。

そのことによって、 人々は身体と作品との境界が曖昧になり、 自分と世界との関係を考え直すきっかけになるのではないかとチームラボは考えています。

新しい作品も加わりさらにパワーアップした超巨大作品7展

The Infinite Crystal Universe

teamLab, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab

無数に吊り下げられた光の集合体によって表現された宇宙空間が、全方位に無限に広がる幻想的な作品です。

連動しているスマートフォンの専用アプリから、宇宙の構成要素を投げ込むことで、作品が連動し光が代わります。来場した人たちが、この空間を創る対話型のとても美しい作品となっています。

Floating in the Falling Universe of Flowers

teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ