無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私にピッタリな下地はどれ?話題の「化粧下地」を徹底検証!

メイク

今年の春は肌荒れを阻止できる下地が欲しい!

今年の春は、花粉や季節の変わり目、気温差による肌トラブルだけでなく、マスクによる肌トラブルにまで気を使わなければいけません。

メイクをしている時間はとても長いので、スキンケアアイテムでしっかりお手入れをしていても、日中肌につけるアイテムをしっかり選ばなければ、再び肌トラブルを招いてしまうことになります。

今年の春は、これまで以上に肌荒れを防ぐことができる化粧下地を念入りにチェックしておいた方がいいでしょう。

マスクが欠かせない今こそチェックしておきたい春向け化粧下地の特徴は?

bybirth.jp

クレンジングの負担がかからない「石鹸落ちタイプ」がおすすめ

マスクで肌が荒れているとき、花粉による肌トラブルを抱えているとき、肌のバリア機能は弱まり、ちょっとした刺激でも荒れてしまうことがあります。

クレンジング剤の洗浄成分や、メイクを落とす際の摩擦でも、普段は気にならなくてもバリア機能が弱まっていると刺激を感じやすくなってしまうんです。なので、もしもいつもよりちょっと刺激を感じるな…と思ったら、ぜひ「石鹸落ちタイプ」の化粧下地を選びましょう。

クレンジングによる肌負担を減らすことができ、お手入れも楽になります。ただし、上から重ねるファンデーションなどのメイクアップアイテムが石鹸落ちではない物を選んでしまうと、クレンジングが必要になってしまいますので注意しましょう。

バリア機能の低下を防ぐため、保湿力のある化粧下地もチェックしておくべし

肌の水分と油分のバランスが崩れると、バリア機能は低下します。冬など乾燥しやすい季節はバリア機能が弱まりがちですが、今はマスクの下で乾燥が進み、バリア機能が弱まることも考えられます。

肌のバリア機能を正常に保つために、スキンケアだけでなく、化粧下地をはじめとするベースメイクアイテムでもしっかり保湿をしましょう。

肌のくすみが気になるようになってきた方は、ピンクカラーの下地がおすすめ

マスク荒れ、季節の変わり目における肌トラブルの1つとしてよくあるのが「くすみ」。肌色が暗くくすんで見えてしまう…という方もいらっしゃるようです。そんな方は、色付きの化粧下地を選びましょう。

ピンク系は肌のトーンをアップさせながらくすみをカバーし、さらに血色感をアップさせ、柔らかそうな肌を演出することができます。また、肌の色に近いイエローやオレンジも自然にカバーできるので、仕上がりの好みに応じてセレクトしましょう。

筆者おすすめ!チェックしておきたい話題の化粧下地4選

マスク崩れだけでなく、皮脂崩れも徹底防止したい方はこちら!

KANEBO イーブンフィット プライマー

bybirth.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ