無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たっぷり収納してすっきり見せる♡収納上手な人のクローゼット収納術

ライフスタイル

「クローゼットに収まりきらず、部屋に物が溢れている」、「探し物をしているうちにクローゼットの中がグチャグチャになってしまう」。そんな経験はありませんか?今回は使いやすさ満点のクローゼット活用方法を紹介します。

無駄な隙間を埋める簡易棚としておすすめ。奥行きがあるクローゼットなら奥の壁にくっつけて、押入れタイプや薄型のクローゼットなら足元に置きましょう。細々した物や見せたくない物をしまう場合はカラーボックス専用のインナーボックスを活用してください。ただし、カラーボックスを重ねて使用する場合は補強が必要です。

■ドアハンガー/ハンガーポール用ラック

ちょっとした衣類や小物を収納するなら、ハンガーポールに吊る布製ラックやクローゼットの扉裏に引っ掛けるドアハンガーが便利。デッドスペースを活用できる上に、使わないときは簡単に取り外すことができます。

■レクポスト棚

レクポストとは、溝のついたラック支柱のこと。DIYショップなどで購入でき、女性でも簡単に好みのサイズの棚を作ることができます。例えば、10cm程度の隙間にも置ける超薄型ラックやシャツ1枚分の間隔で棚板を設置した収納ラックをつくることが可能。クローゼットのデッドスペースを上手に活用したい人におすすめです。

衣類/アイテム別に最適な収納術を用いる

ここからは、オンシーズンの服やバッグをどのように保管したらいいかをアイテム別に伝授。ご自身が持っている服に合わせてどんな収納アイテムが必要か確認しましょう。

■コート類は丈夫なハンガーにかける

洋服の重さでハンガーが折れたり曲がったりすると、型崩れやダメージを起こすことがあります。コートなどの重衣料はしっかりしたハンガーにかけ、丁寧に保管しましょう。ちなみに、クリーニングから戻ってきたコートは、すぐにビニールのカバーを外し、ハンガーを替えることをおすすめします(ビニールをつけっぱなしにするとカビや悪臭が発生する原因になります)。

■ブラウスやシャツは、よく着るものとしばらく着ないものに分ける

たたみジワができやすいブラウスやシャツは、滑り止め付きのハンガーにかけて保管してください。ただし、しばらく着る予定がないものやスペースを取るデザインのものは、きちんとたたんでしまっておきましょう。たたむ際、台紙を挟むと湿気対策にもなり仕上がりもきれいです。また、Yシャツのような襟の高いシャツを引き出し収納などにまとめてしまう場合は、襟部分が重ならないよう互い違いに入れていくと襟が潰れにくくなります。

■ボトムスはハンガーラックに吊るす

スカートやパンツは、吊るして収納したほうがたたみジワができずにきれいな状態をキープできます。でも、ハンガーポールにかけると場所を取って困る!という場合は、クローゼットの隙間にキャスター付きの専用ハンガーラックを置いてみてはいかがでしょうか。ただし、スウェットパンツやデニムパンツはたたんで収納するのが正解。

■ニット素材のアイテムはたたんで収納

セーターやカーディガンなど伸びやすい服をそのままハンガーにかけてしまうと、肩部分が伸びてあっという間に型崩れしてします。薄手のセーターやカーディガンはたたんで収納すれば問題ありませんが、引き出し収納などにおさまりきらない厚手のニットは、半分に折ってパンツのようにハンガーにかけてもOKです。

■バッグは立てて収納

意外と型崩れしやすいバッグ。クラッチバッグやハンドバッグは、ブックエンドやファイルボックスなどを使いつつ、本のように立てて棚の上に収納するとバッグ同士がぶつからずに収納できます。クタッとした質感の大きめバッグはS字フックを使ってハンガーポールにかけたりたたんでボックスにまとめたりするとすっきりします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ