無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たっぷり収納してすっきり見せる♡収納上手な人のクローゼット収納術

ライフスタイル

「クローゼットに収まりきらず、部屋に物が溢れている」、「探し物をしているうちにクローゼットの中がグチャグチャになってしまう」。そんな経験はありませんか?今回は使いやすさ満点のクローゼット活用方法を紹介します。

空間/クローゼットを三次元で捉えて、収まりのいい収納を目指す

ひとことでクローゼットと言っても形状や広さはさまざま。続いてはクローゼット別のおすすめ収納術をご紹介します。間違った使い方で、収納力や使い勝手がガクンと下がらないよう注意してください。

■「奥行きのあるクローゼット」は空間を前後に分ける

クローゼットの奥のほうは目や手が届きにくいため、使用頻度の低い物(スーツケースや季節家電など)をしまっておく「物置スペース」にするのがおすすめ。手前にはキャスター付きのハンガーラックや引き出し収納を置き、使用頻度の高い物(普段使いの衣類やタオルなど)を収納しましょう。引き出し収納や衣装ケースは奥行きの浅いものを前後もしくは横一列に並べるのが便利。もし、クローゼットの奥行きに合わせて大きなものを選んでしまうと、引き出しを全開にできなかったり奥がよく見えなかったりして大変です。

■「引き戸のクローゼット」は空間を左右に分ける

押入れタイプのクローゼットは、引き戸が重なる部分=真ん中のスペースが問題。ここに引き出し収納を置くと引き出しが戸にぶつかったり、反対側の引き戸を開けないと取り出したいものに手が届かなかったり…。そんなことを繰り返しているうちに、引き戸に物が引っかかって開かなくなることも。そうならないために、あらかじめ左の戸を開けた場所は「ハンガーを吊るスペース」、右の扉を開けた場所は「引き出しスペース」と分けておき、真ん中に大きなものを置かないようにしてください。引き戸をロールスクリーンに変更すると、スペースを気にせずに横長の物でも置けるようになりますよ。

■「高さのあるクローゼット」は空間を上中下に分ける

天井まであるような高いクローゼットは、上部に棚があることがほとんど。棚がない場合でも突っ張りシステムやレクポストを使ったDIYで簡単に棚を設置しましょう。クローゼットの上段(棚の上)には、使用頻度が低くて軽いものをフタ付きのバスケットなどに入れてしまっておきましょう。中段にはハンガーポールを使って衣類を収納。下のラインがガタガタしないよう丈感を揃えると収まりよく見えます。下段(服の下)はキャスター付きの引き出し収納や衣装ケース、箱に入った物などを置くスペースに。引き出しや衣装ケースは出し入れをスムーズに行えるように、中→下→上の順で使用頻度の高い物を配置してください。

道具/クローゼット用の収納アイテムをフル活用する

クローゼット収納のポイントは、ハンガーラックや衣装ケースなどのアイテムを上手に活用すること。置く場所や置き方を間違うと使いづらくなってしまうこともあるので注意が必要です。ここでは、おすすめの収納アイテムと設置法を紹介します。

■引き出し収納

引き出しの大きさや深さによってさまざまな物を収納可能です。注意すべきポイントは引き出しの位置。あまりに高いと中身が確認しづらく使い勝手もイマイチ。逆に、低すぎると立ったまま出し入れができません。理想は、胸〜膝くらいの高さに引き出しがあり、よく出し入れする物を上、あまり使わない物を下にしまうこと。胸よりも高い位置に置くなら、奥行きが狭いものや、中身が確認しやすい透明もしくは半透明タイプがおすすめです。

■衣装ケース

重ねて収納できるボックスタイプの衣装ケースは、滅多に使わない物や季節の衣類などをしまっておく場合に重宝しますが、やや出し入れしにくいという欠点があるのも事実。腰よりも高い位置に置くなら薄型で軽いタイプ、クローゼットの奥にしまい込むならキャスター付きタイプと、置く場所に合った形やサイズを選ぶようにしてください。

■ハンガーラック/ハンガーポール

服をハンガーにかけて保管すると、たたみジワができにくく、服選びが簡単になります。奥行きがあるクローゼットなら前後2本もしくはコの字型、高さがあるクローゼットは上下に2〜3本のハンガーポールを設置するなど、奥行きと高さを活用すると収納力が何倍にもなります。このとき、取り出しにくいほうにオフシーズンのものを、取り出しやすいほうにオンシーズンのものを掛けるようにしましょう。

■カラーボックス

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ