無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すごっ!話し上手な人がしている8つのこと

ライフスタイル

日本人の多くは人見知りだと言われています。自分から話しかけたり、話を広げることが苦手だと感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

実は少しのポイントを押さえるだけで、今よりずっと話し上手になることができるんです!

そこで今回は「話し上手になる方法」「人との会話をスムーズにする方法」を紹介します。

話し上手な人の4つの特徴

「話し上手」といわれる人にはいくつか共通する特徴があります。

会話している相手に「また話したい」「話して楽しかった」と思われる人が「話し上手」とされますが、そんな人たちの共通点と特徴を見ていきましょう。

(1)話題が豊富

話し上手といわれる人は、会話の引き出しが豊富です。相手に合わせて話題を変えることができるため、誰と話しても「話を合わせることができる」「話題を提供できる」わけです。

それぞれ得意分野はあるかと思いますが、浅い知識だったとしても情報として頭に入れておけば、人との会話の際、話題に困ることはないでしょう。

(2)ネガティブな表現を使わない

「話し上手」だと周りから言われる人はネガティブな表現や言葉を使いません。相手が不快だと感じる言葉を使わないため、ポジティブに会話ができるのです。

どうしてもネガティブなニュアンスの言葉を使わないといけない時は「嫌い」「やりたくない」「嫌」といったハッキリとした言葉ではなく「好きじゃない」「苦手」など、オブラートに包んで伝えることをおすすめします。

そうすることで、会話の相手を不安にさせたり、不快に思われることはあまりないでしょう。

(3)表情にも気を付けている

話し上手な人は会話をする時の表情も自然です。誰かに話しかけられた時は笑顔で対応し、話す感情に合わせて表情を変えるのも大切なこと。

ずっと下を向いて話したり、無表情での会話は、相手に「どう思っているか分からない」といった余計な不安を与えやすくなります。

「話がつまらないのかな?」と思われてしまうこともあるため、表情や声のトーンも会話に合わせるようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ