無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すごっ!話し上手な人がしている8つのこと

ライフスタイル

(4)相手のリズムを大事にしている

会話には「リズム」があります。会話のキャッチボールというように、相手が言葉を受け取って投げ返してくるタイミングに合わせて話をすることも重要なことです。

話し上手な人は、会話のテンポを人に合わせることができるでしょう。

相手のことを考えずに矢継ぎ早に自分の話をしたり、同時にいくつも質問をするといった会話の仕方は「話下手」だと思われてしまいます。

相手の返事や、話し始めるタイミングに注意すれば、リズムを崩さずに会話を楽しめますよ。

話し上手になるための簡単テクニック

人見知りや話下手を自覚している人は「話し上手になんてなれない」と思い込みがちです。しかし、日本人の多くが人見知りだということは、「人見知りでも話下手でも、人とうまく会話をしている人はいる」ということ。

まずは苦手意識をなくすことが大切です。

話し上手になる方法を解説するので、実践してみてください! きっとうまく人と会話できるようになるはずですよ。

(1)会話相手に意識を向ける

話下手だったり、会話が苦手な人は会話中、「うまく話さなきゃ」「失敗したくない」「会話は苦手なのに……」など、自分の感情で頭がいっぱいになりがちです。

自分のことばかり考えてしまうと、人との会話を楽しむ余裕も無くなりますし、空回りしてしまいます。

会話中は、会話をしている相手に意識を向けてみてください。「相手が求めている情報か」「相手がどう思うか」といったように、会話中は相手が主役だと考えると話しやすいでしょう。

(2)話す内容を整理しておく

人との会話で大切なのは、「伝えたいことを整理しておく」ということ。頭の中で話の筋道を立ててから相手に会話ようにすると、要点が伝わりやすくなり、齟齬が生まれにくくなります。

とはいえ、ポイントだけを簡潔に伝えていては、「冷たい」といった印象を持たれやすいのも事実。そんな時は要点を伝えつつも、相手の反応に合わせて相づちを打つなど、会話のキャッチボールをするように心掛けてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ