無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年のお花見トレンド4つ!おうち花見だけじゃない、コロナ禍ならではの過ごし方とは…

ライフスタイル

今年はどうする?2021年のお花見事情

今年もやってきた、お待ちかねのお花見シーズン。春には欠かせないイベントですが、昨年は緊急事態宣言の影響で “おうち花見” や “オンライン花見” という新しい楽しみ方が登場しました。残念ながら、今年も例年のようなお花見はしづらい状況にあります。

はたして、みなさんはどのように過ごすのでしょうか? macaroni 読者140人を対象にアンケートを実施し、macaroni 編集部が2021年のお花見トレンドを予想してみました!

今年は記録的な開花の早さ。東京の満開予想は3月23日

今年は全国各地で観測史上最も早い開花が記録されているようで、3月11日に広島からスタートし、12日に福岡、14日には東京、島根、長崎と続きました。

東京は3月23日(火)に満開になると予想されています。

約40%の人がお花見をする予定!

<調査概要>対象:macaroni読者(20〜60歳までの男女)/ 調査期間:2021年3月10日〜14日 / 方法:macaroni記事で募集 / 回答者数:140名

今回実施した「お花見の過ごし方」アンケートでは、約40%の人がお花見をする予定と答えました。残り60%の内訳は「しない」と「決めていない」の意見が半々です。

お花見をする人のなかでは、人混みを避けた「公園(禁止区域を除く)で過ごす」が半数でしたが、おうちのベランダや飲食店のテラス席、キャンプ場という回答も。

「飲食はせずに桜を眺めるのみ。食事は帰宅してから家族でゆっくりと」と、散歩やサイクリングで人との接触を避けながら、その場では食事をしないと決めている人も少なくありません。“桜を見る” という本来の目的にそった、素敵な過ごし方ですね。

それでは、macaroni 編集部が読み解く2021年のお花見トレンドを見ていきましょう!

1. ラグジュアリーホテルで “おこもり花見”

Photo by 株式会社ロイヤルホテル

1泊1室2名様 45,000円〜(サービス料・諸税含む)ナチュラルコンフォートフロア 和室スイート(56㎡)※3名様、4名様でご利用の場合は、お布団が用意されます

昨年に引き続き、インドア花見が話題に上がっていますが、今年はさらにグレードアップ。自宅ではなくホテルステイをするのがトレンドのひとつとなりそうですよ♪

たとえば、リーガロイヤルホテル大阪では、1日1室限定で2021年3月20日(土・祝)から4月30日(金)まで販売される「日本の春を楽しむ~桜スイートで “おこもり” お花見プラン~」が開始されます。

天井まで届く桜のアートフラワーを愛でながら、家族や友人とプライベートな空間でおいしいお酒とともにインドア花見を楽しめますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ