無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年のお花見トレンド4つ!おうち花見だけじゃない、コロナ禍ならではの過ごし方とは…

ライフスタイル

人力車やタクシーで知られざる名所に

Photo by 株式会社ニュー・オータニ

ホテルニューオータニでは、桜の見ごろの時期に合わせて、密を回避しながら都内の桜の名所を巡る宿泊プランがスタート。

ひとつ目は、知識豊富な俥夫(しゃふ※)が都内の桜の名所を案内してくれる「人力車90分コース付宿泊プラン」。

ふたつ目は車窓から桜を眺める「お花見タクシー付宿泊プラン」。観光ガイド資格を持つ選抜乗務員が、同じく都内の桜の名所を巡ってくれます。定番スポットに加え、ドライバーだからこそ知っている風景を見ることができますよ。

※人力車をひくことを生業とする人のこと

詳細はこちら|NEW OTANI BLOSSOM ニューオータニ

3. キャンプや宿泊施設で “アウトドア花見”

Photo by 株式会社温泉道場

1エリア(桜の木1本)場所代として:4,400円(税込)1時間1,100円(税込)で、最大17時まで延長可能/近隣グループ店舗「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」の利用チケット付き

ここ一年は、広々とした自然のなかでリフレッシュできるアウトドアが空前のブームを巻き起こしています。その波にのり、キャンプや宿泊施設で貸切お花見ができるプランが登場!

埼玉県にある「ときたまひみつきちCOMORIVER(コモリバ)」では、桜の木の下の専用エリアで、持ち込みBBQやお花見ができる区画貸しプランを展開。

目の前に清流が流れる河原と桜並木という絶好のロケーションで贅沢なプライベートお花見を堪能できますよ。

詳細はこちら|ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)

ウッドデッキ付きの部屋でBBQ

Photo by 株式会社スズヒロ

また、静岡県浜松市にあるアウトドアコンセプトの宿泊施設「365BASE outdoor hostel(ベースアウトドアホテル)」では、ウッドデッキの付いたお部屋からプライベートお花見とBBQを体験できます。

写真のキャンピングドミトリーのお部屋は最大10人宿泊できるので、限られた友人や家族でのレジャーによさそうですね。

詳細はこちら|365BASE outdoor hostel
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ