無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネオ喫茶「不純喫茶ドープ」が人気沸騰中!中野にあるイマっぽ×昭和レトロな世界へ

旅行・おでかけ

“昭和の喫茶店”をそのまま活用。郷愁漂う店内にイマドキモチーフを融合

「不純喫茶ドープ」は中野駅から徒歩6分のビルの2階にあります。青い屋根にピンクの配色が既にノスタルジック。

お店へ昇る階段の脇にはメニューを紹介するサンプルが。ナポリタンはお決まりのフォークが浮いている仕様です。

30年以上前からある喫茶店を引き継いだという店内は、純喫茶ラバー納得の渋さ!その空間にさくらんぼのネオンを配置するというハイブリッドさが新鮮です。

カウンターをはじめランプや花瓶までも極力手を加えずに当時のまま使用しているので、郷愁を誘います。

クリームソーダにナポリタン…。期待を裏切らない定番喫茶メニュー

クリームソーダ(ソーダ)580円(税別)

純喫茶といえば「クリームソーダ」は欠かせませんよね!「ドープ」のクリームソーダは、宝石のように透き通ったソーダにアイスとさくらんぼがのった王道の直球スタイル。炭酸強めのシュワシュワしたソーダに、さっぱりとしたバニラアイスがマッチして懐かしい風味。

そのほかにもメロン、はちみつレモン、いちごの全4種類のクリームソーダがあります。

ナポリタン 880円(税別)

そして軽食には「ナポリタン」。

具はベーコン、ピーマン、たまねぎとこれまたオーソドックス。ソフト麺を意識したという太麺に、甘めのケチャップがよく絡んでいます。

このモッチモチの麺に、焦がしケチャップのソースが合い食べ応えバッチリ!甘すぎず酸味がほどよく効いていて、ボリューミーながらもぺろりと完食しちゃいました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ