無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お小遣いは「3万以上」が理想という人が半数、でも現実は… コロナ禍の家計を調査

節約・マネー

新型コロナウイルスの感染拡大から1年が経ち、ニューノーマルな働き方や時間の過ごし方が定着しつつあります。そんな今、各家庭の収入や支出はどのように変化しているのでしょうか。

4割以上の人が、新型コロナの影響でお小遣いに変化あり

株式会社エイチームフィナジーが、20代から50代の既婚男女を対象に、「新型コロナウイルス感染症の流行後の家計の意識調査」を実施。

新型コロナウイルスがお小遣いにどのような影響があるかを調査したところ、6割弱の人が「特に変化はない」と回答している一方、40.5%の人が「変化があった」と回答しています。また、変化があったと回答した人の多くは、お小遣いが減っていることもわかりました。新型コロナウイルスの感染拡大が、お財布にも影響を与えているようです。

出典:株式会社エイチーム「新型コロナウイルス感染症の流行後の家計の意識調査」

理想のお小遣い額は「月3万円以上」。現実は6割以上が「月3万円未満」

ひと月のお小遣いの理想額について質問すると、「2万円以上3万円未満」が20.3%で最多となりました。続いて多かったのは「3万円以上4万円未満」で17.9%でした。今回の結果を見てみると、「3万円以上」の金額を回答した人が55.6%を占めており、半数を超える人が、理想のお小遣い額を3万円以上と考えているようです。

一方、実際のひと月のお小遣い額について質問したところ、「2万円以上3万円未満」が最多の28.3%、続いて、「1万円以上2万円未満」が22.2%、「1万円未満」が14.3%という結果となり、6割以上の人が3万円未満のお小遣い額であることがわかりました。

2つの結果より、多くの人の月々のお小遣い額の理想は「3万円以上」である一方、現実は64.8%の人が「3万円未満」のお小遣いで生活しているようです。

出典:株式会社エイチーム「新型コロナウイルス感染症の流行後の家計の意識調査」

新型コロナ流行前と比較し、36.8%の人の収入が減少

この調査ではほかにも家計の収入・支出についてもまとめています。

新型コロナウイルス流行前と比較し、世帯全体の収支に変化はあったか問うと、収支ともに半数程度の人が「変化なし」と回答している一方、収入に関しては「増加」が9.5%で「減少」が36.8%、支出に関しては「増加」が35.6%で「減少」が16.2%という結果になりました。

出典:株式会社エイチーム「新型コロナウイルス感染症の流行後の家計の意識調査」

世帯年収が増えた理由は「転職」「昇進」

出典:株式会社エイチーム「新型コロナウイルス感染症の流行後の家計の意識調査」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ