無料の会員登録をすると
お気に入りができます

中川政七商店がプロデュースする奈良の新複合施設が2021年4月14日(水)にオープン!

旅行・おでかけ

ならまちの風景に溶け込む新たなランドマーク

鹿猿狐ビルヂングができるのは、近鉄奈良駅が最寄りの観光エリア。約126坪、3階建ての同施設は、日本を代表する建築家の内藤 廣氏が設計を担当。「街並・伝統・現代・近未来」を建築で表現したという考えが、瓦屋根と開放的なガラス窓を組み合わせた外観に表れているよう。施設中央には中庭と路地が設けられ、周囲の風景に溶け込みつつ新たな空間を創り出しています。

施設内とその周辺には、買い物や飲食、ワークショップなど、ここでしかできない多彩な体験型コンテンツが揃います。

中川政七商店の創業の地で、原点や価値観に「触れる」

1・2階には、「中川政七商店 奈良本店」が旗艦店としてオープン。800を超えるつくり手が生み出す約3000点の商品から、今の暮らしに寄り添う雑貨や小物を探すことができます。本店でしか購入できない限定品など、みやげにぴったりのグッズもラインナップ!
中川政七商店がつくる暮らしの道具の根底にある価値観や美意識を、創業地の奈良で感じることができます。

コーヒーとすき焼き、関西初登場の2軒の逸品を「味わう」

1階では2軒の飲食店が営業。関西初出店となる東京・恵比寿のスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」では、創業者自らが厳選した高品質の生豆を独自の方法で焙煎・抽出した、こだわりのコーヒーが味わえます。ガラス窓に面した開放感たっぷりの空間は、ショッピングの合間のひと休みにぴったり。

同じく1階で営むすき焼きがメインのレストラン「㐂つね(きつね)」は、東京・代々木上原にあるミシュランガイド一つ星掲載店「sio」による新展開。これまでのすき焼きをアップデートする温故知新の料理を、コースなどで堪能できます。豪華なお弁当のテイクアウトがあるのも嬉しいポイント!

奈良の伝統的な工芸を体験して「学ぶ」

奈良の工芸や歴史、文化に触れる体験も実施。手績み・手織り麻の絵はがきを制作するワークショップや、麻生地づくりの道具に触れられるツアーなど、ものづくりの奥深さを気軽に感じることができます。

また、3階にはコワーキングスペース「JIRIN」もオープン。興福寺五重塔が望める見晴らしのよい空間に、本のスペシャリスト・BACHの幅 允孝氏が選書したライブラリーを用意。中川政七商店が企画する経営講座やトークイベントなどのプログラムも開催予定です。

オープンに合わせて周辺の町家施設も続々リニューアル!

茶論 奈良町店

鹿猿狐ビルヂングのオープンに合わせ、築100余年の町家をいかした近隣施設もリニューアル。「遊 中川 本店」は「中川政七商店 奈良本店」の一部として営業。また、茶道の新しい楽しみ方・学び方を提案する「茶論(さろん) 奈良町店」には季節の菓子と選りすぐりのお茶を提供する喫茶がオープンします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ