無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初めてのインナーカラーはどう染める?色や染める場所などレングス別にご提案

ヘアスタイル

初めてでも挑戦しやすいインナーカラー

髪の内側に全体の髪色とは違う、ポイントカラーを入れるインナーカラー。人気のヘアカラーですが、大人の女性が初めて挑戦しようと思うとなかなかハードルが高い印象もありますよね。

でも入れる色や場所によって印象を変えられるインナーカラーは、ポイントカラーが初めての大人の女性にもおすすめです。そこで今回は、初めての方におすすめのインナーカラーを使った髪型をレングス別にご紹介します。

目次

初めてのインナーカラーにおすすめの髪型|ボブ

グレー系インナーカラー×ウルフボブ

beauty.yahoo.co.jp

暗髪のウルフボブにグレージュのインナーカラーを入れた髪型。

暗さのあるグレージュは黒髪や暗髪でも浮きづらくて、初めてのインナーカラーでも使いやすいですね。

内側と外側の髪の長さに差が出やすいウルフカットはインナーカラーが見やすく、初めてさんにおすすめの暗髪や黒髪と暗めカラーでの組み合わせでもおしゃれに仕上がりやすい髪型。

ハイトーンのインナーカラー×ふんわりボブ

www.beauty-box.jp

暗めのシナモンベージュで大人っぽく仕上げたボブの、耳周りだけをブリーチして明るさをプラスした髪型。

ボブで耳周りだけを明るくする方法は、耳に髪をかけないとインナーカラーが目立たないので初めてさんにもおすすめです。

ゴールド系の明るめヘアカラーでもインナーカラーを入れる場所を絞って、カラーが出る範囲が少ないものなら初めてさんにも安心。

ラベージュのインナーカラー×ナチュラルボブ

beauty.yahoo.co.jp

シンプルなあごラインボブの耳元に、ラベージュのインナーカラーを入れた髪型。

耳元にだけ色を入れるインナーカラーは、イヤリングカラーとも呼ばれるテクニックです。

ワンポイントのインナーカラーは明るめカラーながら、初めてさんでも取り入れやすい方法。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ