無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いま一番行きたい屋内絶景!2020年にオープンした所沢の”本棚劇場”

旅行・おでかけ

ポップカルチャーの発信地に新たな絶景が出現

エンターテイメント企業・KADOKAWAが2020年11月に開業した「ところざわサクラタウン」。その中心的な存在が「角川武蔵野ミュージアム」です。世界的建築家・隈研吾氏が手がけた独特なフォルムの外観が訪れる人の目を引きます。その角川武蔵野ミュージアムの4階にあるのが本棚劇場。外観からは想像のつかない、四方が全て本棚という空間です。

互い違いの棚からなる約8m四方の書架に圧倒!

360度を約8mの巨大本棚に囲まれ、本好きなら誰もが陶酔できそうな空間。蔵書数は約3万冊と充実しています。

プロジェクションマッピングは必見
本棚劇場内では「本と遊び、本と交わる」がテーマのプロジェクションマッピングを上映。約3分間の上映中は映画鑑賞気分が味わえます!

■本棚劇場
住所:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム4階
TEL:0570-017-396(ところざわサクラタウン)
営業時間:10~18時(金・土曜は~21時)※最終入場は閉館30分前。最新情報は公式HPをご確認ください
定休日:第1・3・5火曜(祝日の場合は翌日)
料金:KCMスタンダードチケット1200円

まだある!ところざわサクラタウンのみどころ

敷地内には本棚劇場のほかにもホテルやイベントホール、レストランやショップといった充実の施設が並びます。なかでもオススメしたい2スポットをご紹介します。

マンガ・ラノベ図書館

角川武蔵野ミュージアム1階にある日本最大級のライトノベル図書館。KADOKAWAグループのほぼ全てのライトノベルが揃います。独自のジャンル分けによって配架された館内で、気になる一冊を手にとり時間を忘れて没頭できそう。マンガや児童書も合わせて蔵書数約2.5万冊。

角川食堂

地元の旬食材でKADOKAWA社員の食生活をサポートする一方で、一般にも開放されているレストラン。ランチでは定食や麺、丼のほか、社員有志によるカレー部が独自に配合したガラムマサラを用いたカレーが自慢。

営業時間:モーニング8時30分~10時45分、ランチ11~16時LO、ディナー16時15分~19時LO(土・日曜、祝日は11~19時LO)※閉店はいずれも20時

定休日:不定休

掲載した情報をはじめ、首都圏から日帰り圏内の絶景スポットについてもっと知りたい方は『東京から行く!日帰り絶景さんぽ2021-2022』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は『東京から行く!日帰り絶景さんぽ2021-2022』に掲載した記事をもとに作成しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ