無料の会員登録をすると
お気に入りができます

”100均お弁当ピック&ペットボトルのふた”で子どもの車遊びをもっともっと楽しく♪

子育て

トミカを始め、子どもたちが大好きな車のおもちゃ。床を走らせるがとっても楽しそうですよね。

そんな車のおもちゃ遊びで大いに盛り上がるために、用意するといいのが「標識」です。
床に置いてその間を走らせれば、臨場感あふれること間違いなし!!

Can★Doで売っているお弁当用の標識ピックが、ペットボトルのふたで大変身するんです。

この標識おもちゃの作り方を教えてくれたのは、インスタグラマーのみーママ(@smile24.life)さん。さっそく紹介していきますね!

みーママ

標識おもちゃの作り方

用意するもの

・お弁当用標識ピック(Can★Doのもの)
・ペットボトルのふた 9個
・紙粘土(黒と白のもの)
・グルーガン(またはボンド)

作り方

1.紙粘土の白と黒を混ぜて、グレーの粘土を作ります。
2.1をペットボトルのふたの凹んでいるほうに詰めます。
3.2にピックを刺します。

4.ピックで刺したところをボンドかグルーガンで留め動かないようにします。

5.床やテーブルに並べて遊びます。

おやこで標識の意味を確認しても!

いかがですか?Can★Doのピックはリアルな標識を再現したものなので、交通ルールを守るのにもぴったり。「止まれ」はいったん止まること、「一方通行」は一方向でしか通れないことなど、社会のルールを確認しながら、車遊びに取り入れてみるのも楽しいですよね。

みーママさんは、ダンボールにCan★Doの道路や線路マスキングテープを貼って、トミカタウンも手作りしたそうですよ。こちらもぜひ真似してみたいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ