無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさんもOK!プロ直伝「掃除が劇的にラクになる収納のコツ」10選

インテリア

いつでも掃除がサッとできる収納アイテムの選び方

掃除がしやすくするためには、例えば床置きしている収納ボックスなども動かしやすいようにすると、掃除をする時の負担も減り隅々まで掃除もしやすく、より綺麗も保ちやすくなります。
ここからは、掃除がしやすい収納方法を少しご紹介します。

床置きの収納ボックスはキャスター付きに

床に直接ものを置いてしまうと散らかる原因にもなるので、ボックスなどを使って収納場所の定位置を作るようにすると片付きやすくなります。
その際、キャスター付きのボックスを選んだり、キャスターを自分で取り付けて動きやすくすることで出し入れしやすく、掃除をする時もサッと動かすことができます。(写真はイケアのパイン材ボックスと別売りのキャスター)

洗濯機は可動式の置き台上に

ホコリや汚れが溜まりやすい洗濯機の下も、キャスター付きの洗濯機台なら掃除もしやすくなります。(写真はディノスのステンレス洗濯機置き台)

ゴミ箱は引っ掛け収納アイテムに

身支度をする場所の近くに、ちょっとしたゴミ箱を設置する際も、フックで引っ掛けるようにすれば、床にゴミ箱を置く必要もなくなり床もスッキリです。

バッグは専用フックに掛ける

床や椅子の上などについ置いてしまいがちな毎日使うカバンなども、フックを取り付けて引っ掛けられるようにしておけば、掃除の度にカバンを移動することもなく掃除もスムーズです。

気になった時に掃除が出来るようになると、汚れやホコリも溜まりにくくなるので、年末の大掃除や年度末などの区切りで大掃除をする手間からも解放されます。また一回の掃除の時間も少なく済みます。自分に合った掃除方法を見つけるヒントになったら嬉しく思います。

photo / 伊藤美佳代

住宅収納スペシャリスト/整理収納・照明アドバイザー
伊藤美佳代

ハウスキーピング協会
整理収納アドバイザー2級認定講師
住宅収納スペシャリスト認定講師
インテリアコーディネーター

instagram @ito_mikayo

ブログ「笑顔あふれる住まいづくり」

http://mikayo-ito.jugem.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ