無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[無印良品]新発売の日焼け止めミスト「アウトドアスプレー」が優秀!ハーブエキスでアロマ効果も♪

ビューティ

だんだんと暖かい日も多くなり、いよいよ初夏を感じる季節!晴れた日には外に出るもの気持ち良いですよね。

一方で、やっぱり気になるのは「紫外線」。5月といえど、UVケアは今からしっかり準備しておきたいところ。でもがっちりクリームやオイルを塗るのはちょっと重たい…そんな人に是非オススメなのが、無印良品から4月に発売されたミストタイプの日焼け止め新商品「アウトドアスプレー」です!

無印良品担当者に聞いた「アウトドアスプレー」のコンセプト

これまでもさまざまな優秀UVケアコスメが発売されてきた無印良品。今回の「アウトドアスプレー」は他とはどう違うの?

ということで、実際に無印良品に違いを直撃!販売担当者の方に伺ったところ、無印良品で人気のある「日焼け止めジェル」と比較してご回答いただきました!

無印販売担当者

“「アウトドアスプレー」は、外出先でも使いやすいスプレータイプの日焼け止めとして開発された商品です。
すでに販売されている「日焼け止めジェル」は、屋外での激しいスポーツや炎天下のレジャーに適しています。無香料・無着色で「アウトドアスプレー」のように、ハーブの香りはしません。”

ハードな環境下での使用を想定した「日焼け止めジェル」と違って、この「アウトドアスプレー」はデイリーに使える商品とのこと。虫除け効果はないものの、ハーブが配合されているので同時にアロマ効果も楽しめちゃいます♪

3種類のハーブエキスがくれる保湿と癒し

日焼け止めの独特な香りが苦手…という人もいますが、無印良品の「アウトドアスプレー」から香るのはハーブのアロマだけ。

内容液は保湿系の化粧水のように少しとろみがついた無色透明の液体で、肌に吹きかけて馴染ませるとスっと浸透しました。

うるおい成分として3種の植物エキスが配合されているので、使用後の肌はさらっとした手触りですが、つやがでて保湿力も実感。
ちなみに、配合されている3種のハーブはこちら。
「カミツレ花」……キク科の「カモミール」のこと。ハーブティーとしても親しまれていますよね。甘くやさしい香りは心を和ませてくれます。

「ローズマリー」……さわやかな香りのシソ科のハーブ。消臭や抗菌の効果があり、料理にも使われます。

「セージ」……少し苦みのある香りです。抗菌や収れん、発汗を抑えてくれる効果が期待できます。

「アウトドアスプレー」は、日焼け止めミストでありながら、”保湿”も”癒し”も同時に期待できるアイテムなんです♪

出先での塗り直しもミストタイプなら簡単

「アウトドアスプレー」の便利さを最も実感できるのは“外出時のお直し”。

日焼け止めは2~3時間おきの塗り直しがベストと言われていますが、日焼け止めを塗り直すと手に油分が残るなど、外出先では気が進まないものです。
でも、この「アウトドアスプレー」なら、さらっとしているので、手がベタつくことなくお直し完了。ボトルは高さ約12.5cm、内容量は50mLと持ち運びに便利。お散歩用のミニバッグに入れても気にならない大きさなので、気がついた時に腕や首にさっとスプレーできちゃいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ