無料の会員登録をすると
お気に入りができます

真っ白な「うさぎのパンナコッタ」に一目惚れ!おしゃれさんが集う最新“台湾茶スタンド”に行ってきた。

旅行・おでかけ

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

台湾茶ビギナーも歓迎!本格派の台湾茶が味わえるティースタンド/TeaTock

西荻窪駅から徒歩3分ほどの場所にある「TeaTock(ティートック)」。

格式高い台湾茶専門店とは違い、現代風のティースタンド形式になっていて、台湾茶ビギナーでも気軽に入りやすい雰囲気です。

店内はグレーを基調としたモルタル仕上げのクールな空間。ランプシェードのピンクゴールドが、温かみのあるアクセントになっています。

テイクアウトしに立ち寄るお客さんも少なくありませんが、ベンチ型の椅子も3つ用意されているので、店内でゆっくりと味わうことも可能です。

美しい所作に思わずうっとり!台湾茶をハンドドリップで抽出

「TeaTock」を営んでいるのは、幼い頃から台湾茶に親しんできた、台湾出身のホウさん(写真)と、香港出身のチェさん。「台湾茶の魅力を日本でもっと知ってもらいたい」という思いから、2019年にお店をオープンしたのだそう。

二人は台湾にある茶農園や茶舗へ直接赴き、品質の良い茶葉を厳選。月に一度は、新鮮な茶葉を台湾から取り寄せています。

カウンターに並んでいるのは、世界中のコーヒーラバーから注目を集めているハンドドリップ器具、GORT STORY(ゴート ストーリー)製の「GINA(ジーナ)」。

一般的に台湾茶は専用の茶器で淹れるものですが、「TeaTock」では茶器ではなくコーヒー器具で淹れているのです。店主自らこの方法を思いつき、実際にやってみると、これが台湾茶を淹れるのにもとても合っていたとのこと。

さっそく台湾茶をオーダーしてみましょう♪

まずは9種類ほど用意された茶葉の中から、好きなものをセレクト。今回は女性からの人気が高いという、金木犀の花で香りづけした「桂花烏龍茶」(650円)を選びました。

店頭にそれぞれの茶葉が用意されているので、香りを確認してから決めてもOK。粉末ではなく、品質の高い「原片茶葉」を使用しているため、写真のように葉っぱをギュッと小さくしたような形をしています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ