無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性が「この子を大切にしよう」と思った瞬間4つ

恋愛・結婚

多くの男性は、ふとした瞬間に「この子とずっと一緒にいたい」「大事にしたい」と思う瞬間があるようです。

どんなときに大事にしようという気持ちになるのでしょうか。

男性へのインタビューを元に、「この子を大切にしよう」と思った瞬間を4つご紹介します。

先に待っていてくれた

「ぼくはどっちかというと時間にうるさいタイプ。今までの彼女が遅刻ばかりだったから、先に待っててくれたときはキュンと来ましたね」(28歳・製薬)

女性は得てして、待ち合わせには遅れる生き物だと言われています。

なので、男性は先に待ってくれているのを見るととても嬉しくなるようです。

「待たせてしまって申し訳ないことをしたな。大事にしなきゃ」と男性が思う瞬間でもあるようです。

別れたあとも見ていてくれた

「バイバイをしてから振り返ったら、彼女もこっちを見ていてくれて、なごり惜しくて、ずっと見つめ合ってしまった」(25歳・証券)

これは胸にじんと来るようです。

「そんなに後ろ髪を引かれているのか」「自分のことを見てくれているんだ」、と思うと愛おしくなってくるのでしょう。

付き合いが長くなると、帰り際もあっさりしてしまいがちなカップルも多いようです。

たまには、初心にかえって別れた後に後ろを振り返ってみると、彼もキュンとしてくれるかもしれませんよ。

サッと水を頼んでくれた

「二人でバーに飲みに行ったら調子に乗ってボトル開けてしまって。ちょっとまずいかな、と思ったら彼女がさっと店員を呼んでくれた」(24歳・メディア)

「トイレから戻ってきたら水が用意されていた。彼女の、酔いすぎた僕に恥をかかせない気づかいにグッときた」(30歳・ITコンサル)

これはちょっとした気遣いですね。

二人で飲んでいるときに「あ、少し飲み過ぎたかな……」と思った瞬間、お店の人に水を頼んでくれる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ