無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たった6畳でも窮屈じゃない!1K・ワンルームを広く見せる部屋作りのコツ

インテリア

大きな家具の配置のコツ

ベッドは部屋の奥に置く

www.goodrooms.jp

1Kのこちらの部屋は、たったの6畳ですが、そうとは思えないほど広々としています。
ポイントは、部屋の一番奥にベッドを置いていること。壁にぴったり寄せているので窓の手前に空間ができていて、大きめのソファやテーブルを置けるほどのスペースができています。

ソファは窓と並行に置く

www.goodrooms.jp

ベッドと同じく存在感のある大きめのソファの置き方にもコツがあります。
この部屋では、窓に面するかたちで平行にソファを置いているので、中央にゆったりとした空間が。ソファに座ったときも外が見えるので、リラックス感も増しそうです。

色選びのコツ

家具は部屋の床や建具と色味を合わせる

www.goodrooms.jp

部屋の中で色を多用しすぎないこともポイントです。
こちらの部屋にはテーブルや収納棚など複数の家具がありますが、窮屈には感じません。その理由は、ブルーのソファ以外の家具が部屋そのものの色と合っていること。テーブルはドアの扉と、収納棚は床の色味と合っているので、空間に溶け込んでいます。

引き締めカラーを加えてメリハリをつける

www.goodrooms.jp

こちらの部屋では、リネン類やラグはホワイトで、ソファやクッションなどはグレーで揃えられています。そこにローテーブルや左側のポスターなどでブラックを加えているので、メリハリがきいてすっきりと見えます。

家具選びのコツ

脚付きの家具で床を見せる

www.goodrooms.jp

家具を選ぶときにもちょっとした工夫を。
こちらの部屋では脚付きのソファとベッドを使用していて、床が見えやすくなっています。テーブルも天板がガラス製で視界が遮られないので、圧迫感がなくゆとりがあるように見えます。

収納兼用の家具を使ってものをしまう

www.goodrooms.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ