無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便利でコスパ抜群!業務スーパーの冷凍肉を活用しよう[おすすめ5選]

グルメ

日々のご飯作りに便利な冷凍食品。業務スーパーには数多くの冷凍食品が並んでいますが、そのなかでも特に便利なのが「冷凍肉」です。この記事では、業務スーパーの種類豊富な「冷凍の肉」のなかからおすすめ商品を5種類厳選し、味わい、コスパ、扱いやすさなど詳しくご紹介します。

ストックしておきたい!業務スーパーの冷凍肉

Photo by hiroko

便利な冷凍肉は、おかずやお弁当のひと品がパッと作れるアイテムとして重宝したい商品です。なかでも業務スーパーの冷凍肉は種類が豊富。鶏肉や牛肉、豚肉と10種類以上の冷凍の肉が並んでおり、つい迷ってしまうほど。

この記事では、業務スーパーの冷凍肉のなかから、おすすめ商品を実際に調理してレビューしていきますよ。

1. ブラジル産鶏もも肉

Photo by hiroko

2kg / 699円(税込)

最初にご紹介するのが「ブラジル産鶏もも肉」。2kgというビックサイズです。一般のスーパーではあまり見ない大容量ですよね。そしてさらに驚きなのが2kgで699円(税込)という安さ。100gあたり約85円というコスパの良い商品です。

Photo by hiroko

袋の中には大きいもも肉がぎっしりと7枚も入っていました。1枚あたり200g以上ある大きさなので、いろいろな料理にアレンジできちゃいますね。

Photo by hiroko

解凍は袋のままが必須です。ただ、すべて解凍してしまうと、再凍結できないので早めに使い切らないといけません。

一度に全部使えないという方は半解凍の状態で、1枚ずつラップに包んで密閉袋で冷凍するのがおすすめです。使う分だけ解凍することができるので便利ですよ。

ボリュームたっぷりなおかず料理に

Photo by hiroko

せっかくの大きな鶏もも肉なので、そのまま焼いて鶏の照り焼きに。解凍したら鶏肉の形を広げて、料理酒につけて2時間ほど冷蔵庫に入れておきました。

肉汁がしっかりと出るジューシーな鶏肉なので、油なしで焼くこともできます。

Photo by hiroko

ブラジル産の鶏肉ということで、少し肉の臭みが心配だったのですが、臭みもなくしっとりとやわらかい照り焼きができあがりました!

そのあと、料理酒につけずにそのまま焼いてみましたが、臭みはありませんでした。ただ、料理酒につけたほうが肉がしっとりするので、時間がある場合は最初に料理酒につけておくことをおすすめします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ