無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[6/14〜6/20の運勢]6月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

真夜中に道はひらける

今週のしし座は、これでよし、と心から思える道をいくこと。

「鮎くれてよらで過行夜半の門」(与謝蕪村)という句で詠まれているのは、夏の夜遅く、門をたたいて友が訪ねてきて、たくさん釣ったからと言って鮎を分けてくれるという情景。しばらく寄っていけばと誘ったが、そのまま過ぎ行くままに帰っていった。

これは思いがけない贈り物に対しての喜びを表しているというより、どこか恬淡とした友情の在り様を強調しているんですね。さっときて、トントントンと戸を叩いて、鮎くれて、闇に消えていく。ちょうど夜中に夢を見るかのように、私たちの人生にも色々な出来事が起きてくるけれども、それもまた闇に消えていく。

ここには交わされた言葉の裏に何の取引も、隠された意図もありません。ただ、自分の釣った鮎を友に分けてあげたいという思いを実現したに過ぎず、そこでお返しを期待している訳ではない。この世のどんな現実や常識にも規定されない、そんな友情こそが何よりの宝物じゃないか、と。あなたも、自分のたなごころの中に既に握られていたものの価値に改めて気付いていくことができるかも知れません。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

今まで生きてきた中で一番丁寧な一歩を踏み出してみる

今週のおとめ座は、時空を超えて何かがオーバーラップしていくような星回り。

民俗学者の折口信夫はエッセイ「山越しの弥陀増の画因」の中で、山越しの阿弥陀仏を描いた数々の来迎図について語りながら、「私の物語なども、謂わば、一つの山越しの弥陀をめぐる小説、といってもよい作物なのである」と言います。

この「私の物語」とは、折口が生前唯一完成させることのできた小説『死者の書』のことで、中将姫という高貴な少女のはじめての恋と、若くして非業の死を遂げた皇子の生涯最後の恋とが時空をこえて出会い、切なくすれ違っていくラブロマンス。そして、先のエッセイのなかで、この小説を書いたことについて、「そうすることが亦(また)、何とも知れぬかの昔の人の夢を私に見せた古い故人の為の罪障消滅の営みにもあたり、供養ともなるという様な気がしていたのである。」と述べているのです。

この「古い故人」が誰かは折口は自分の口からは明かしませんでしたが、その後には日本人の積み重ねてきた意識や象徴が重要なのであって、私個人のことではない、「私の心の上の重ね写真は、大した問題にするがものはない」のだと続けています。あなたもまた、自分の過去や記憶の上を通り越して現れ出てくる何か重要なモチーフや象徴に感応していくことがあるかも知れません。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ