無料の会員登録をすると
お気に入りができます

MUJI HOTEL GINZAに夏季限定でアートギャラリールームが登場。のんびりしたい休日は、素敵空間で癒されよ

旅行・おでかけ
MUJI HOTEL GINZA

7月10日(土)から9月5日(日)の期間限定で、客室3室が“アートギャラリー”のようなお部屋になるんです。

3つのアートギャラリールームはお好みで

「MUJI HOTEL GINZA」が入る「無印良品 銀座」で開催される展示会、「Life in Art Exhibition」の一つとして用意される今回のお部屋。

Life in Art Exhibition

期間中は、ホテルのフロントまわりやレストラン「WA」など、ビル全体でアートが楽しめるそうですよ。

今回展開されたアートギャラリールームは、『リンゴ』、『オーガスト』、『ジテンシャ』の3室。テキスタイルデザイナー・粟辻博氏によるハートアートシリーズで、同じ名前のデザインが各部屋に落とし込まれているんです。

アートギャラリールーム-リンゴ-(TYPE C)

『リンゴ』は、その名の通り「リンゴ」(1978年制作)の赤いラインがアクセントになっているお部屋。

「プール」「マド」(1986年制作)のモノトーンのテキスタイルも加えられていて、落ち着いた雰囲気ですよね。

アートギャラリールーム-オーガスト-(TYPE C)

『オーガスト』は、1点のモチーフ「オーガスト」が大胆に配置されたお部屋ですよ。

「マド」(1986年制作)のデザインも入った室内は、赤を基調とした、パッと華やかな印象です。

アートギャラリールーム-ジテンシャ-(TYPE D)

『ジテンシャ』は、1980年代に制作されたテキスタイルをメインに構成されたお部屋。

ベッドカバーの「ジテンシャ」(1982年制作)で、ソフトな色彩が豊かな当時のアートを感じられますね。

3部屋はいずれも2名1室で、宿泊料金はサービス料・税込みで、『リンゴ』と『オーガスト』が3万1900円。『ジテンシャ』が3万7900円です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ