無料の会員登録をすると
お気に入りができます

源流水でコーヒーをつくる旅!大盛のり子思い出のホットケーキ&ポテト爆盛りハンバーガーセット『PS純金(ゴールド)』

旅行・おでかけ

『PS純金(ゴールド)』は高田純次、オリエンタルラジオの藤森慎吾が「やっぱり地元はオモシロい」をテーマに東海エリアを紹介する番組です(中京テレビ毎週金曜よる7時から放送)。

2021年7月2日放送分は「第7弾長良川編2021源流水でコーヒーをつくる旅」特集!今回は東海3県を流れる長良川を辿りながら、コーヒーのおとも探しをしていきます。

『PS純金(ゴールド)』の動画を見る

岐阜県海津市『ファミリーレストラン弁天』大盛のり子思い出の味!ホットケーキセット(ドリンク付き)750円

『PS純金(ゴールド)』でおなじみの岐阜の大食いスター・大盛のり子さんは、岐阜県海津市出身なのだとか。幼い頃にのり子さんがよく通っていたという『ファミリーレストラン弁天』には、思い出の一品があるそうです。

「ホットケーキセット(ドリンク付き)750円」

のり子さんは25年ぶりに来店し、思い出のホットケーキを注文。幼い頃とは違い、大食いになったのり子さんは、「かわいらしいサイズに見えます」とホットケーキが小さく見えるようです。これには藤森も、「今ののり子さんが見たら豆粒みたいなもんでしょ!」と大笑いします。

温かいホットケーキを味わったのり子さんは、コーヒーのおともとして「相性抜群です!」とコメント。思い出の味をコーヒーとともに楽しめたようです。店にはのり子さんの同級生も駆けつけ、思い出話に花を咲かせます。幼いころからのり子さんは大人しかったそうで、同級生のさおりさんは、「声を最後に聞いたのが小学校の低学年」と明かし、それを聞いた藤森は、「声を発してなかったの!?」と驚きが隠せません。

「和風カツ定食900円」

まだまだ物足りないのり子さんは、オムライスやカツカレー、和風カツ定食などを追加で注文します。あまりの食べっぷりに、お客さんの注目を集めるのり子さん。10品のメニューを完食したのり子さんでしたが、おなかの様子は「8分目ぐらい」と余裕の表情で答え、これには高田も思わず大口を開けて笑ってしまうのでした。

岐阜県羽島市『鮪chan』天然マグロがお値打ち!上赤身(150g)1,000円

羽島市堀津町にあるマグロの無人販売店『鮪chan』。店内の冷凍庫から商品を取り出し、料金箱にお金を入れて購入する、何とも珍しい販売スタイルです。

「上赤身(150g)1,000円」

「上ネギトロ(100g)500円」

店に並ぶのは静岡県の清水港から直送される高品質のマグロで、オーナーの白銀さん曰く、「このレベルの物はなかなか食べられない」とのこと。しかし、無人販売だからこそ、安く販売できるというメリットがあります。

スタジオで上赤身を試食した高田と藤森は、コーヒーとの相性を心配している様子です。マグロとともにコーヒーを口にした高田は、険しい表情を浮かべながら「意外と合うね」とコメント。それを聞いた藤森は、「合うんかい!」とすかさずツッコミを入れて笑いを誘うのでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ