無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水の都・岐阜県大垣市には知られざる新常識が!(前編)『デラメチャ気になる!』

旅行・おでかけ

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。6月13日の放送でははるなと村上が岐阜県大垣市を訪問。『水の都』と呼ばれる大垣の知られざる新常識に迫りました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る

ゴーラーの聖地でクセ強ポスター!?常連サンがやりたい放題の喫茶店とは

「常連さんがやりたい放題の喫茶店があるらしい」との噂を聞きつけて二人が訪れたのが『緑』。地域の人たちから40年以上愛されてきた老舗の喫茶店です。

レトロな雰囲気のある店内をぐるりと見渡すと、ぱっと目に付いたのが壁に貼られたポスターの数々。はるなも村上もそのかわいさに目を奪われます。

実はこのポスターこそ『緑』の噂の源。なんと映っているのはモデルさんではなくお店の常連さんたち!最初はお店の喫茶飯だけをPRするつもりだったそうですが、2代目店長の阿部仁泰さんが「せっかくなら、常連さんも」と一緒にポスターにしてしまったんです。

「面白いことがしたくて」とこの常識ハズレなポスターを作った理由を話す阿部さん。ポスターに出演している常連さんは「ゲリラ的に店にいた人を捕まえた」というから驚きです。頼まれた常連さんたちもノリノリで協力。こうして『常連さん神7』のポスターが出来上がりました!

皆さんモデル顔負けの良い笑顔。その中でもはるなと村上の二人が一際目を引いたポスターがピンクのポスター。振り向くと、なんとご本人が客席にいらっしゃるではありませんか!

このポスターに映っているのは毎日『緑』に通っているという常連歴30年以上の畠山さん。2代目店長の阿部さんが小さい頃からお店にいらっしゃっていたそうです。よく見ると来ているのはスタッフTシャツ。今では店のお手伝いもしており、他の常連さんから『緑のお姉さん』と呼ばれているとか。店長の阿部さんは「畠山さんの方が目立ってしまって……」と少々複雑な様子です。そんな常連さんがやりたい放題している喫茶『緑』ですが、実はかき氷の超人気店でもあるんです。そういえば、お店に入る前にゴーラー(かき氷マニア)の村上が目を輝かせていましたね。

「酒粕とはっさく」や「焼きとうもろこし」といった斬新な味が評判で、県外にもファンが多くいらっしゃるそうです。村上は数あるかき氷の中から『アボカドみるく』を注文。そしてはるなはポスターにもなっている畠山さんオススメの鉄板ナポリタンを注文しました。最初に出てきたのは村上注文の『アボカドみるく』のかき氷。

その美味しさに「めっちゃおいしい!氷のふわっと感とミルクの濃さとアボカドのクリーミーさがマジでベスト!」と大興奮。アボカドにオレンジを合わせているのは村上も初体験だったようです。はるなからストップがかかるまで延々と話し続けるゴーラー村上、かき氷マニアを唸らせるお味でした。続いて運ばれてきたのははるなが注文した『鉄板ナポリタン』。畠山さんオススメのメニューです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ