無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「教育費の負担が大きすぎて破産寸前…。」子育て世帯が陥りがちな教育費の失敗“2つの原因”とは

節約・マネー

家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。子どもの教育費が高すぎて支払いに困っている人はいませんか? 子どもの教育費は大切にしたいと思う反面、高すぎるのも困りものですよね。ここでは、家計簿・家計管理アドバイザーが「将来的に困らない教育費の考え方」を紹介します。

教育費で将来的に困らないために

子どもがいる世帯の教育費の負担は大きいものです。そのため、教育費の負担が大きくなりすぎて家計が破産してしまうなど、深刻な問題を引き起こしてしまう人が後を絶ちません。

子どもの教育費は、子どものためにもしっかりかけてあげたいと思う反面、どこまでかけても大丈夫なのか心配になってしまう人も多いでしょう。

そこで、今回は「教育費で後悔しないための方法」を紹介します。これまでご相談をお引き受けしてきた過去の実際の事例についても紹介しますので、参考になさってみてください。

教育費の負担が大きすぎて破産寸前!?

www.photo-ac.com

「実は教育費の負担が大きすぎて破産寸前なんです……」とご相談に見えた40代後半の主婦Aさん。
Aさんご夫婦は、私立の大学生と私立の高校生のお二人のお子さんがいらっしゃいます。

「上の子が大学へ進学するにあたって、国の教育ローン350万円を借り入れました。続いて来年は下の子も大学に進学する予定なので、近々さらに350万円の借り入れを行う予定です。
これまで貯蓄は一切行ってこなかったので、貯蓄はゼロです。住宅ローンに車のローン2台分、加えて国の教育ローンの支払い二人分まで始まってしまい、支払うものを支払うと生活費がほとんどありません。車がないと生活できない地域なので車も手放せませんし、どの支出も必要な支出なので、節約するところもみつかりません……」

住宅ローンの支払いの残りが約2,000万円、車のローンの残りが約250万円、国の教育ローンで700万円と借金が多く、支払うものを支払うと、生活費は月10万円も残りません。大人と同じように食べる子ども2人とあわせて4人分の食費とガソリン代と日常的な支払いだけで精いっぱいだと言います。さらに、私立大学の学費はひとりにつき4年間で約450万円。ひとりにつき350万円の借り入れでも足りず、残りの学費の支払いにも困っていました。

このようにAさんのように教育費の工面で苦労している人からのご相談は非常に多いのですが、Aさんのような苦労は避けられないものだったのでしょうか。

次のページでは、教育費で後悔する「2つの失敗ポイント」を紹介します。

Aさんのような家計になってしまった原因は……?

教育費で後悔する2つの失敗ポイント

stock.adobe.com

Aさんのような家計になってしまう原因は、主に2つあります。

1つ目は、子どもが小さいうちに将来の備えをしてこなかったこと
2つ目は、安易な選択を繰り返してきたこと

以下、具体的に解説します。

1子どもが小さいうちに将来の備えをしてこなかったこと

Aさんご夫婦は、子どもの教育に大変熱心でした。お子さんが小さいうちから習い事を始め、塾にも通わせました。二人の子どもが小学校高学年になる頃には、習い事の支払いでいっぱいになり、貯蓄ができなくなりました。それでも、「子どもの将来のため」「将来のことは何とかなる」とお子さんの教育を第一優先にしてきました。時には借り入れをして生活費を賄うようなこともあったといいます。

stock.adobe.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ