無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「教育費の負担が大きすぎて破産寸前…。」子育て世帯が陥りがちな教育費の失敗“2つの原因”とは

節約・マネー

家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。子どもの教育費が高すぎて支払いに困っている人はいませんか? 子どもの教育費は大切にしたいと思う反面、高すぎるのも困りものですよね。ここでは、家計簿・家計管理アドバイザーが「将来的に困らない教育費の考え方」を紹介します。

Aさんご夫婦のように、お子さんの教育に熱心になるのは素晴らしいことです。しかし、子どもが小さいうちから身の丈以上の背伸びを繰り返してしまうと、当然貯蓄はできなくなります。お子さんが小さいうちの貯め期に貯蓄ができないと、老後にまで大きな影響がでる可能性もあります。
将来のリスクも考え、ある程度の貯蓄を残しながら、できる範囲でお子さんの教育に力をいれることで、Aさんのような家計になることは防止できます。

2安易な選択を繰り返してきたこと

Aさん夫婦の行動の基準は「思いつき」でした。住宅ローンの金額も返済期間も「なんとなく」で決め、将来の計画は立てていませんでした。車のローンも、お子さんの学費がかかる時期は外すなどの工夫は思いつきもせず、買い替えたいときに買い替え、ローンの返済額にも無頓着でした。

stock.adobe.com

お友達が私立を受験をすると聞けば私立の学校を選択するなど、支払い能力を無視した選択が続きました。

Aさん夫婦は、「お金が足りなくなったら借りればいい」と考えていたところもあり、「なんとかなるだろう」が通用しないほどに負債が積みあがり、初めて「なんともならない」ことに気づいたのです。

お子さんの教育費をしっかりかけたいのであれば、お子さんが小さいときから、本格的に教育費がかかる時期を見据えた選択を積み重ねることが、重い教育費負担に耐えうる強固な家計を作ります。

お子さんが小さいときに、まずはライフプランを考えて、いつ頃に教育費が最も重くなるのかを把握することは大切です。またその時期には車ローンの返済などが重ならないように工夫したり、ご家庭に合った子どもの学校選びをしたりするなど、支払い能力を考慮した選択をしていきましょう。

無計画のどんぶり勘定を繰り返すと、子どもに大きな負債を背負わせることに……

無計画のどんぶり勘定を繰り返すと、子どもに大きな負債を背負わせることに……

stock.adobe.com

お子さんの教育は大切なものではありますが、Aさんご夫婦は将来の家計設計を無視した安易な選択を繰り返してしまった結果、お子さんに貸与型の奨学金で学費の一部を負担してもらうことになってしまいました。

お子さんが小さいころから無計画のどんぶり勘定を繰り返した結果、お子さんに大きな負債を背負わせることになってしまったのです。

Aさん夫婦はその後、家計の指導を希望されたことで、家計の改善に成功し、今では少しずつ貯蓄もできるようになりましたが、正常な家計状況になるまでには大変な苦労がありました。

Aさんは、「もっと早く気づいていれば……」と後悔したのが遅かったため、家計の改善に通常よりも労力も時間もかかりましたが、もう少し早い段階で手を打つことができれば、正常な家計に戻すことも容易だったはずです。お子さんをお持ちの方は、Aさん夫婦のように教育費で後悔しないよう、早めの対策を考えておくことをおすすめします。

お子さんがまだ小さいご家庭なら、将来教育費で困らない家計設計にするのは、決して不可能なことではありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ