無料の会員登録をすると
お気に入りができます

医師が教える! 日焼けの常識ウソ&ホント~紫外線吸収剤は肌に悪い? 黒い日傘は焼けにくい?~

美容

世に溢れる様々な日焼けについてのウワサ。ウソかホントか分からないまま鵜呑みにしていると、せっかくのUVケアもムダになっちゃうかも!? そこで、美容感度の高いマキア公式ブロガーに、日焼けに関する疑問を調査。友利先生が医師の立場からお答えします!

Q1.朝、美容オイルを塗ると日焼けしやすいって本当?

A1→NO!
美容オイルがしっかりと肌に
浸透していれば心配ありません

紫外線によってオイルが酸化すると油焼けを起こすと言われますが、美容オイルがきちんと肌に浸透していれば大丈夫。万が一ベタベタに肌についていれば、油焼けする可能性もゼロではありませんが、基本的に美容オイルは肌になじむ処方になっているので問題ありません。

Q2.朝、フルーツを食べると日焼けしやすくなるって本当?

A2→△
どうしても気になる人は
柑橘類を避けましょう
柑橘フルーツを一度に大量に摂取しなければ問題ありません。柑橘類には、紫外線の吸収を高めるソラレンという成分が含まれているものがありますが、影響を与えるほど多く含まれているわけではないので、過度に心配する必要はありません。どうしても気になる人は、朝に食べるのは避けましょう。

Q3.白い日傘と黒い日傘では、日焼けの仕方に差が出るって本当?

A3→NO! UVカット加工されていれば 色による日焼けの差はなし!

基本的に日傘にはUVカット加工が施されているので、色によって日焼けの仕方が変わることはありません。UVカット加工がされていない傘の場合は、白よりも黒の方が直射光や照り返しも吸収してくれるので、紫外線を防止する効果が高くなります。

Q4.目から入った紫外線によって肌が日焼けするって本当?

A4→?
マウスでの実験ではYES。
眼病予防に目も保護して
マウスを用いた実験では、目に紫外線を当てた結果、全身が日焼けすることが確認されていますが、今のところ人間で同じことが起こるかは分かっていません。ただ、長時間瞳が紫外線を浴びると、失明の可能性を含む様々な眼病リスクが上がるので、UVカット加工されたメガネやコンタクト、サングラスなどで目も守りましょう。

Q5.ボディ用の日焼け止め、洋服の下は塗らなくてもいい?

A5→YES! 洋服+インナーでブロック されていれば大丈夫!

薄いTシャツ1枚で炎天下に長時間いれば、日焼けする可能性もゼロではありませんが、たいていは下着やキャミソールなどで何重かにブロックされているので、洋服の下まで日焼け止めを塗る必要はありません。ただし、首の後ろやデコルテ、腕など、服との境目はうっかり日焼けしやすいので、服のやや内側まで日焼け止めを塗って。

Q6.朝はビタミンC配合のスキンケアは使わない方がいいって本当?

A6→NO!
ビタミンCは美白にマスト!
朝から積極的に取り入れて
これはビタミンCを多く含む柑橘類に、ソラレンが含まれていることから来た誤解でしょう。逆に、ビタミンCは高い抗酸化作用やターンオーバーをうながす効果が期待できるので、積極的に朝のスキンケアや食事、サプリなどで取り入れることがオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ