無料の会員登録をすると
お気に入りができます

行きたいのは、話題の企画展だけじゃないんです。1年中楽しめる、ちょっと変わった美術館を訪れてみない?

旅行・おでかけ

美術館といえば静かに楽しむイメージがあるかもしれませんが、最近は写真撮影ができる展示も多く、SNSなどで話題になることも増えましたよね。

企画展示の多くは期間限定なので、「行ってみたいと思ってたけど、気づいたら終わってた...」なんてこともあるのではないでしょうか。

今回は、いつでも変わらず楽しめる、全国の「ちょっと変わった」美術館をご紹介します。

INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館【愛知】

@kirichaaan39_ / Instagram

焼き物の町・愛知県常滑市にある「INAXライブミュージアム」は、ものづくりの心を伝える体験型のミュージアム。

敷地内には土や焼き物にまつわる6つの文化施設があり、その一つが、タイルの魅力や歴史を紹介している、「世界のタイル博物館」です。

7000点以上収蔵している装飾タイルのなかから、選りすぐりの作品が展示されていて、オリエントのものから日本のものまで、さまざまな美しいタイルを見ることができます。

@anna.36_1213 / Instagram

こちらの展示は、時代ごとの代表的なタイル空間を再現しているのだそう。

きれいなタイルに囲まれて、空間の装飾として実際にタイルが使われていた異国の雰囲気がより一層感じられそうですね。

INAXライブミュージアム
住所:愛知県常滑市奥栄町1-130
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般/700円、高・大学生/500円、小・中学生/250円
休館日:水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
公式サイト:https://livingculture.lixil.com/ilm/museum/

https://livingculture.lixil.com/ilm/museum/

光ミュージアム【岐阜】

@t_saki6 / Instagram

続いてご紹介するのは、飛騨高山にある「光(ひかる)ミュージアム」。

こちらは複合型の博物館で、館内には日本画や西洋画などの絵画から、古代の工芸品まで幅広く収蔵し、部屋ごとに分けて展示しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ