無料の会員登録をすると
お気に入りができます

行きたいのは、話題の企画展だけじゃないんです。1年中楽しめる、ちょっと変わった美術館を訪れてみない?

旅行・おでかけ

見どころは展示物だけではありません。マヤ文明をモチーフに作られたという光ミュージアムの大きな建物は、建築物としても楽しめるんですよ。

@___ruuna / Instagram

こちらは、エントランスから美術館棟へ行くための地下通路です。

この天井は職人さんの手作業で塗られたそうですが、うねりのようなデザインと美しい色合いが印象的ですよね。

他にも、外壁にレリーフが埋め込まれていたり、中庭にはピラミッドがあったりと、館内を歩くだけで古代にタイムスリップしたような感覚になってしまいそうです。

光ミュージアム
住所:岐阜県高山市中山町175
開館時間:10:00~17:00(入館は16:00まで)
入館料:大人/900円、高・大学生・70歳以上/700円、小・中学生・障がい者/300円
休館日:火曜日・水曜日(祝日の場合は開館)、冬期間
公式サイト:https://h-am.jp/index.html

https://h-am.jp/index.html

薫習館【京都】

@shizuku_kinoshita / Instagram

「薫習館(くんじゅうかん)」は、お香の老舗である松栄堂が、日本の香り文化を発信するために設立した施設。

こちらは、とっても珍しい「香り」の美術館なんです。

館内では、香りを「知る・学ぶ・楽しむ」をコンセプトに、さまざまな展示やイベントが行われています。

@hi.na716 / Instagram

なかでも「香りのさんぽ」は、いろいろな香りに触れることのできる体験型の展示コーナー。

こちらの「かおりBOX」は、入ってみると3つのBOXそれぞれで違う香りが感じられるのだそうです。

薫習館は松栄堂の本店と連絡通路でつながっているので、もし展示を体験して気になった香りがあったら、お香を試してみるのもいいかもしれませんね。

松栄堂 薫習館
住所:京都府京都市中京区烏丸通二条上ル東側
開館時間:10:00~17:00
入館料:無料
休館日:不定休
公式サイト:http://www.kunjyukan.jp/

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ