無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットに◎「朝食」に食べるべき栄養士おすすめフード

美容

朝は忙しいため、つい朝食は手抜きになってしまいがちですよね。しかし、朝食の内容をコントロールすることで、ダイエットにつながりやすくなることが分かっています。
朝食に食べると効果的で、美肌効果も得られる食材についてご紹介します。

朝食には○○を食べると良い?その理由とは

bybirth.jp

最初に食べた食事(ファーストミール)が、次に食べる食事(セカンドミール)の後の血糖値に影響を及ぼすということが分かっています。これを、「セカンドミール効果」といいます。

例えば、朝食にとる食事の内容が血糖値を上げにくいものであれば、昼食後の血糖値上昇を抑える、というものです。

食後の血糖値が過剰に上がると、血糖値を正常の値に戻そうとインスリンも多く分泌されます。インスリンは、脂肪を体にためる働きもあるため、結果として体に脂肪がついて、体型維持やダイエットが難しくなってしまいます。

そのため、ファーストミールには血糖値を上げにくい食材を食べることがすすめられます。

また、早稲田大学の研究によれば、1日の食事のうちで、特に朝食のタイミングでたんぱく質をとると、筋肉量を増やしやすいことが分かっています。筋肉量が多いと、基礎代謝量が高くなるため、痩せやすい体づくりが可能になります。

以上のことから、1日の食事の中でも特に朝食の食事内容は、血糖値を上げにくいとされる「食物繊維」や「たんぱく質」が多い食材を選ぶことがポイントとなります。

栄養士がすすめる、朝に食べると良い食材

ギリシャヨーグルト

bybirth.jp

朝食にヨーグルトを食べる人もいるかと思います。ヨーグルトの中でも、ギリシャヨーグルトは特にたんぱく質の量が多いため、朝食におすすめです。

水分やホエー(乳清)を取り除くことで、普通のヨーグルトよりも水分が少なく、たんぱく質が多く含まれています。

最近では、さまざまなメーカーからギリシャヨーグルトの商品が販売されているので、入手しやすいですし、試してみてください。

そのまま食べても良いですし、肉料理や魚料理などのソース、サラダのトッピング、ディップソースなど料理に使用しても美味しくいただけます。

たんぱく質が多いことで腹持ちも良く、その点でも朝食向きのヨーグルトといえます。

牛乳

bybirth.jp

ゲルフ大学(カナダ)とトロント大学の研究によれば、朝食に牛乳を飲むと、食後の血糖値上昇を抑えることができるのだそう。

朝食に「シリアル+水」と「シリアル+牛乳」を摂取した2つのグループを比較したところ、「シリアル+牛乳」を摂取したグループでは血糖値の上昇が抑えられたとのこと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ