無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜ、あなたの部屋は散らかっているのか?二度と失敗しない部屋が片付く“3つのルール”

インテリア

「片付け」と聞くだけで、私には無理、苦手! と拒否反応を起こす人も多いですよね。それは多分、何度もトライしては失敗しているから。そんな人でも「失敗しない片付けのルール」さえ守れば、すっきりした空間を作る事ができるんです! 今回は、家事代行のプロ集団、ベアーズさんが監修した「暮らしが本当にラクになる!ベアーズ式家事事典」(アスコム)より、ものが捨てられる基本のルールを教えていただきました。

なぜ、あなたの部屋・家は散らかっているのか?

stock.adobe.com

片付かない部屋・家のほとんどの原因は「ものが多い」こと。

床やテーブルの上に、常時ものが散らかっているなら、危険サインです。ものが多いと、片付かないだけでなく、掃除もしにくいため不衛生になりがちです。また、ものの行方がわからないから必要になるたびに買い足して、さらにものが増えるといった悪循環を引き起こします。

ここで、あなたならどうやって片づけを始めますか?

stock.adobe.com

普段から、整理整頓が習慣になっている人であれば、「不要な物を捨てる」という行動に出ます。ですが、片付けが苦手な人は、収納量を増やす便利グッズを増やしたり、すき間を見つけてものを詰め込みがちです。

片付けるためには、まず最初に「ものを減らす」しかないのですが、残念ながらそれができない人が多いようです。

では、どうやってものを減らせばいいのでしょうか?

これであなたも捨てられる、ものを減らす3つのルール!

stock.adobe.com

捨てないといけないのはわかっているけど、「大事なものが多くて、なかなか捨てられない」というのが、片付けられない人の本音です。だから、なかなかものが捨てられません!

でも、片付ける=大事なものを捨てる、ということではないんです。

愛着のあるものに囲まれているのが幸せ、という場合は無理に手放さなくてもかまわないんです。ただ、あまり自分の幸せに関与しないもので、家の中が溢れている場合には「整理」をしないと、快適な空間は手に入りません。

また、ものが大量にあるせいで、家族が悲しい思いをしたり、日常的に危険にさらされている場合は、早急に「整理」をする必要があります。

そこで、誰もがストレスなくものを捨てられる3つのルールを紹介します!

ルール1:部屋を撮影して、問題を「見える化」

散らかった状態が日常になると、違和感を感じられなくなり、それが普通になってしまいます。そこで、ありのままの室内を撮影し、その状況を客観視しましょう。取捨選択の見極めや、収納の過不足など、現時点の課題を把握しやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ