無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[食べちゃダメ?]ダイエット中の「間食」の選び方

美容

甘酒

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれているほど栄養価が高い飲み物です。そのため間食として取り入れれば、ダイエット中に不足しがちな栄養補給になり、乱れた栄養バランスを整えてくれます。

甘酒を選ぶ際のポイントは、米麹から作られている物を選ぶことです。酒麹から作られている甘酒は、糖分をたくさん入れて作られている場合があります。対して米麹には余分な甘味料を加えなくとも自然な甘みがあるため、美味しく飲むことができます。
どうしても甘いものが食べたくなった時には、ゆっくり甘酒を味わうことで、満腹感を得られるのではないでしょうか。

太らない間食のポイント

カロリーオーバーに注意!

あくまでも1日3食の食事を基本とし、成人女性は平均的な1日の総カロリー1800kcalの5~10%に抑えましょう。1日100~200kcalが目安です。
いくら食事に気を付けていても、間食で食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーに繋がります。

特に更年期の女性には、エストロゲンというホルモンの減少によって、コレステロールや内臓脂肪がつき易くなるというリスクも。
また、糖質の多いものに偏ると、エネルギー代謝がスムーズに行われず、疲れが溜まる原因となります。代謝が上手くいかなかった糖は、脂肪として体に蓄積しやすくなるため注意しましょう。

ルールを決めよう!

どうしても高カロリーなおやつを食べたい時は、週に1~2回に抑えるなど、ルールを決めましょう。

甘い物は駄目!ではなく、適度に摂ることで、リラックス効果や脳のガソリンにもなります。ストレス解消のため、ほっこりするためにも、上手に取り入れたいですね。

まとめ

上手に間食を取り入れよう

間食は食べる時間や内容、量に注意すれば、ダイエット中の強い味方になってくれることでしょう。また間食ができると思えば、ダイエット中に溜まりがちなストレスも減って、楽しくダイエットが続けられるのではないでしょうか。

ストレスを溜めてしまうと、リバウンドにもつながる可能性があります。うまく間食を活用してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ