無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思わず恋に落ちる!男性が[運命の出会いかも…]と感じたエピソード

恋愛・結婚

「いつか運命の相手と結ばれたい」と思っているのは、男性も同じ。

ふとした瞬間に「この人は運命の相手かも」と感じることがあるようです。

今回は、男性が「運命」を感じたときのエピソードをご紹介します。

あなたも気になる彼に運命を感じさせることができれば、距離がグッと縮まるかもしれませんよ。

大人になってから偶然再会した

「中学の同級生と、職場近くで偶然再会したとき。彼女も近所で働いているらしく、定期的に会うように。あれはいまでも運命だったと思っています」(27歳男性/建築)

道でバッタリ、飲み会でたまたま……など、学生時代の知り合いに偶然の再会すると、運命を感じやすいところがあります。

最近ではSNSを通してつながり、交際に発展するすることも少なくありません。つながりを洗い直してもいいかもしれませんよ。

共通点がたくさんあった

「出身や年齢、これまでの境遇や趣味など、共通点が多かったから。こんなに価値観が似ている子ははじめてだったので、運命的なものを感じました」(33歳男性/不動産)

共通点が多いほど、意気投合して会話は盛り上がるもの。

また、初対面なのに前から知り合いだったような、不思議な感覚になることもあります。

趣味や習いごとから、気の合う人を見つけることも少なくないよう。

マッチングアプリから絞り込み検索するのも、運命の相手を見つける方法のひとつ。

もし興味があれば、怖がらずに試してみてくださいね。

女友達にドキッとした

「いままで何とも思っていなかった女友達の、かわいらしさに気付いた瞬間。一度意識しちゃったら、どんどん好きになって……。もう彼女以上の人には出会えないって思いました」(30歳男性/商社)

なにかをきっかけに「もしかしてこの子のこと好きかも?」と自分の気持ちに気付くことがあります。

そんなとき、男性は相手のすべてにドキドキするようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ