無料の会員登録をすると
お気に入りができます

具だくさんで大満足!寒い日に食べたいクラムチャウダーアレンジ3選

レシピ

そもそもチャウダーって?

スープ?シチュー?何が違う?

チャウダーは、アメリカ発祥のスープの一種です。スープとは洋食の汁物の事で、フランス語のポタージュも同じ意味です。チャウダーはスープより具が多めで、チシューより小さな具が入っていて、スープとシチューの中間くらいです。

クラムは、2枚貝の意味なので、あさり以外にも、ホタテやムール貝なども使われます。ちなみに、魚を使うとフィッシュチャウダーになります。

日本でもお馴染みと言えば、牛乳とバターを使ったクリーム系のボストンクラムチャウダーですが、他にも、トマトベースに出汁を効かせた、マンハッタンクラムチャウダーがあり、2大クラムチャウダーと言われています。

ボストンクラムチャウダーのレシピ

食べやすいあさりのむき身を使ったクリーム系を作ります。

材料(4人分)

・あさりのむき身…70~80g
・玉ねぎ…小1/2個(約80g、7~8mmの角切り)
・じゃがいも…小1個(約80g、7~8mmの角切り)
・セロリ…10cmくらい(約80g、7~8mmの角切り)
・マッシュルーム…3~4個(薄切り)
・ベーコン…40~50g(5~6mmの角切り)
・にんにく…1/2個(みじん切り)
・バター…10g
・小麦粉…大さじ2
・牛乳…300ml
・水…150ml
・顆粒/固形ブイヨン…4g
・ローリエ…1枚
・塩コショウ…適量
・オリーブオイル…適量

作り方

① 熱した深めのフライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、玉ねぎ、じゃがいも、セロリの順に入れ、都度、中火で炒める。

② ベーコン、マッシュルームを加え、具材がしんなりしてきたら、バターと小麦粉を入れ、粉っぽさが無くなるまで炒める。

③ 水とブイヨン、ローリエを加え、フタをして具が柔らかくなるまで煮る。

④ 牛乳とあさりを加え、沸々してきたら弱火にし、塩コショウで味を調えたら、出来あがり。

マンハッタンクラムチャウダーのレシピ

殻付きのあさりを使った、トマト系を作ります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ