無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[100均&無印が活躍!]あふれる子どもの作品やお手紙がスッキリ!これぞ圧巻「思い出グッズの収納アイデア」7選

子育て

夏休みに作った作品や工作、園でもらったお手紙や賞状など、毎日のように増えていく子どもの思い出グッズ。大きさや形もさまざまな作品や思い出グッズを上手に収納する方法を集めました。

おうちで過ごす時間が多かった今年の夏休みは、子どもの絵や工作などの作品がいつもの年以上にたくさん増えたおうちも多いかもしれませんね。

園や学校から持ち帰ったりと子どもの作品はどんどん増えますが、作品の形や大きさもまちまちで収納するのも一苦労ですよね。

作品だけでなく、手紙や園でもらった記念のカード、使い終わった連絡帳、家族でお出かけしたときの思い出など…収納場所に困るけど、捨ててしまうのもちょっとためらわれるものはほかにもいろいろ。

そんな思い出グッズ・作品を上手に収納しているママたちのアイデアを紹介します!

思い出のチケットはファイルに収納

うっちゃんさんのInstagramより

子どもとはじめてのテーマパークや動物園など、記念になるお出かけは日付の入ったチケットやパンフレットを取っておきたいときがありますよね。

こんな風にファイルに入れておけば、あとから振り返ったときに思い出があふれてきそう!写真と一緒に振り返ってみると、思い出話に花が咲きそうです。お出かけ先を探すときにも便利です!

子どもの頃の絵がずーっと保存されているワケは…?

すぎたともみさんのInstagramより

こちらはママ自身が小学校のときに描いた絵!なぜこんなにきれいに取っておけているのかというと、絵の裏側をのりで貼り合わせて、1冊の本にしてあるからなんだそう!
当時の小学校の先生のアイデアのようですが、おかげで引っ越ししても保存しておけるのだとか。収納アドバイザーになった今でも、いいアイデア!と感じているそうですよ。

ファイルは「必要な分を先買い」が正解!

hiroi.kさんのInstagramより

こちらはダイソーのA4サイズフォルダにテストやお手紙、取っておきたい作文を収納。通知表や体力テストの結果などは薄いA4ファイルケースにきょうだいそれぞれで保管しているんだそう。

ケースが廃盤になってもいいように、どちらも小学校6年間分を先に揃えてあるんだとか。100均グッズは廃盤やリニューアルでサイズが変わりがちなので、まとめ買いが正解ですね!

立体作品などの大きな作品は、無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」に入れて、取り出しやすいようにキャスターに載せてあります。これなら子どももすぐに引っ張り出して見れますね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ