無料の会員登録をすると
お気に入りができます

管理しやすいストック収納とは?整理収納のプロがコツ教えます!

インテリア

生活には欠かせない生活用品のストック。でも、管理がうまくいかないと部屋にあふれてしまったり、収納の中がゴチャゴチャで使いづらかったりといったお悩みも。この記事では整理収納アドバイザーが収納の場所ごとにストック収納例とコツをお伝えします。

すっきりとした暮らしにはストック管理が不可欠

Photo by omori_tomomi

すっきりとした暮らしに憧れるのに、ストックが収納から溢れてしまっている…。ないと思って買ってきたのに、たくさんあった!なんてことはありませんか?

なくなったときや、いざというときのために少しはストックしておきたいものですが、溢れかえっていてはすっきりとした暮らしから遠ざかるだけでなく時間・空間・お金の無駄になってしまいます。

ストックは、仕組みさえ作れば管理は簡単です。この記事では、整理収納アドバイザーの筆者が、場所ごとの管理しやすいストック例とコツをお伝えしていきます。

キッチンは俯瞰して見えるようにストック管理を

ストックは一カ所に集約させることで在庫管理がラクに!

Photo by omori_tomomi

スポンジやラップ、ホイル、食器洗いの洗剤などキッチンには細々したストックがいっぱいありますよね。あちこちに収納してしまうと、管理が大変になり、ストックがどのくらいあるのか把握するのに手間がかかったり、二重買いの原因になることも。

ストックは一カ所に集約させて定位置を作ってあげることで、買い出しの際も在庫確認がスムーズになりますよ。

食品のストックは俯瞰できるよう配置

Photo by omori_tomomi

ついつい買ってしまったり、いただいたりで増えがちな食品ストック。重なって埋もれてしまうと、底に何があるか把握しきれずに賞味期限切れになってしまったり、開封しているのがたくさん出てきて無駄になってしまったりすることも。

食品は、重ならないように俯瞰できるよう収納することがコツ。麺類・缶詰・レトルトなど分類するとより分かりやすくなります。在庫が一目で把握できるように外装から出せるものは出して収納しましょう。

お菓子やドリンクは家族も見やすいストック収納を

Photo by omori_tomomi

お菓子やドリンクの収納は家族も頻繁に開けますよね。皆が使う場所だからこそ、食べかけ・使いかけが増え、収納もゴチャゴチャになると賞味期限がいつのものか分からない!取り出しにくい!などの悩みも。

皆が使う場所こそ、一目見て分かりやすいストック収納を意識しましょう。例えば、食べかけやバラバラの個包装があちこち紛れてしまわないように枠を作ってあげるといいですよ。そこから食べきる意識を持てば、フードロス削減にも繋がりますね。

また、つい買ってしまいがちなお菓子は「ストックはここに入るだけ」とマイルールを決めることが溢れないコツです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ