無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたに合った"具"は?管理栄養士が提唱する「パーソナルおにぎり」[ダイエット朝ごはん]

美容

コロナ禍で、もうくたくた…私も同じです。今こそ、頑張らない食トレを始めてみませんか? 私は幼い頃から朝ごはんが大好きでした。味噌汁をすすった時のホッとゆるむ感覚は誰もが経験したことがあるものではないでしょうか。トントンと野菜を切る音や、トーストが焼ける香ばしいにおい、元気色の彩りフルーツ…朝ごはんは1日の始まりを五感で感じられる幸せな食事です。「ゆるく豊かな朝時間 × ずるい栄養学」で始まる「キレイが目覚める朝ごはん」の連載です。

あなたのダイエットタイプを選んでみましょう!

あなたのパーソナルおにぎりを選んでみましょう

あなたは以下のうちどれに当てはまると感じますか?

① 「便秘しがち…」な便秘太りタイプ

② 「冷たいものを飲む」「むくみやすい」冷え太りタイプ

③ 「イライラするとつい食べてしまう」ストレス太りタイプ

今日のあなたに寄り添う「パーソナルおにぎり」はコレ!

あなたのタイプ別におすすすめの「パーソナルおにぎり」をご紹介します。

① 便秘太りタイプにオススメなのは「腸活おにぎり」

もち麦ときのこの炊き込みごはん:もち麦ごはん + 干し椎茸

Adobe Stock

いつもの炊き込みごはんにもち麦を足してみましょう。もち麦に多く含まれる水溶性食物繊維は、腸をととのえたり、糖質の吸収を緩やかにしてくれます。また、もち麦は一般的なうるち米よりも水分を吸って膨らみやすいため、同じ量のお米でも満腹感が得られやすいのも特徴です。

炊き込みごはんにおすすめしたいきのこは「干し椎茸」です。旨味だしたっぷりの「干し椎茸の戻し汁」は捨てずにお米を炊く際の水として使用しましょう。お米が椎茸の旨味を吸っておいしく炊きあがります。また、干し椎茸に多く含まれるビタミンDには免疫機能を調節する働きがある他、筋肉の合成や骨の健康、糖尿病予防などでも大注目のビタミンです。ビタミンDは、日光に当たることで必要量の8割程度を体内で合成できますが、これから日照時間が短くなる秋冬には食事で補わないと不足してしまいます。ビタミンDは干し椎茸の他、魚類にも多く含まれています。

② 「冷たいものを飲む」「むくみやすい」冷え太りタイプには「血巡おにぎり」

さんまと大葉の混ぜごはん:白米 + さんま

Adobe Stock

炊き上がったごはんに、焼きほぐしたさんまと千切りの大葉をさっくりと混ぜ合わせます。さんまなどの青魚に多く含まれるEPAは細胞膜をしなやかにすることで、代謝を高めたり、炎症を抑えたりしてくれます。また、冷え性タイプの人には血巡の悪さだけでなく、血液自体が足りていない人も多くいます。玄米には、血液の材料である「鉄」の吸収を阻害するフィチンが含まれているため、今回はあえて白米を組み合わせました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ