無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自然の恵みに囲まれた新城でウワサのバカ売れグルメを調査!(前編)『デラメチャ気になる!』

旅行・おでかけ

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。9月5日の放送ではゲストに北斗晶を迎え、自然の恵みに囲まれた新城市でバカ売れグルメを調査しました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る

道の駅に衝撃の巨大グルメがズラリ!『筋トレ出来るたまごサンド』に『超巨大五平餅』とは!?

三人が最初に訪れたのは道の駅『もっくる新城』。年間来場者数は何と約100万人!愛知県にある18の道の駅の中でもトップクラスの人気を誇っています。

北斗が最初に目に留めたのが産地直売コーナー。特に充実しているのがフルーツコーナー。こんなに立派なモモがなんと180円と超お値打ち!

他にもぶどうにメロンと種類も豊富。もちろんどれもこれも激安です!続いて訪れたおにぎりや軽食を販売しているコーナーでまたまた気になるPOPを発見。「めっちゃ重いよ。筋トレ出来るかも!?」とのメッセージに北斗が食いつきます。

その正体は超巨大な『厚焼きたまごサンド』。

鮮やかな色の厚焼き玉子には愛知県産の卵が9個も使われています。その重さは356g。リンゴ1玉より重いとあって「これは手首の筋トレになる」と北斗も太鼓判を推していました。見た目のインパクトにお客さんもついつい手を伸ばします。そう、これが『もっくる新城』で大人気な衝撃グルメ。『もっくる新城』は『巨大グルメ』の宝庫なんです。『厚焼きたまごサンド』以外にも、長さ40cmもあるホットドックや、通常の10倍サイズのメロンパンなどなど、思わず二度見してしまうほどの『巨大グルメ』がズラリ。そして、こうした巨大グルメは全てひとりの人物が生み出したと言います。

デラメチャ気になる巨大グルメの仕掛け人、それは駅長を勤める田原直さん。

駅長の田原直さんによると、巨大グルメを仕掛けたきっかけは「突き抜けたものを作って、とにかく目立ちたかった」とのこと。2015年に初代駅長として就任した田原さんは、すぐに巨大グルメを次々と考案。筋トレタマゴサンドは水から調理も担当されているそうです。

そんな田原駅長イチオシのびっくりグルメが『特大五平餅』。焼いている所を見た瞬間、村上が「えーっ!」と驚きの声を上げます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ