無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最長30時間もステイできる「ウェスティンホテル東京」のワーケーションをレポート♪

旅行・おでかけ

1994年、東京・恵比寿に誕生した「ウェスティンホテル東京」。時代とともに移り変わる旅のトレンドにあわせて、常に進化を続けるラグジュアリーホテルです。今回は、最近話題のワーケーションを「ウェスティンホテル東京」で体験してみます!

ヨーロピアンクラシックな「エグゼクティブキング」でワーク開始

「ウェスティンホテル東京」は、JR恵比寿駅東口から動く連絡通路、恵比寿スカイウォークを使って徒歩7分の場所にあります。複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」を抜け、奥まで歩けば到着です。今回は、贅沢なビューと立派なデスクが用意されている客室「エグゼクティブキング」でワーケーションを楽しみます!

ワークとバケーションを一度に楽しむ旅のスタイルがワーケーションですが、1泊2日のホテル泊で考えると意外とステイ時間が足りません…。仕事も余暇もゆっくり楽しみたいというリクエストに応えるべく、「ウェスティンホテル東京」では「【30時間ステイ】レイトチェックアウト21時まで!さらに10,000円分クレジット&朝食プレゼント」という宿泊プランを用意しています。15時チェックイン、翌日21時チェックアウトで最長30時間のステイが可能なプランです。

早速、客室「エグゼクティブキング」でお仕事を始めましょう。こちらの客室には、人間工学に基づいたワークスペースが用意されています。映画やドラマで見るヨーロッパの書斎のようなクラシカルな雰囲気に、テンションが上がります。こちらのお部屋は窓が左右に広くデザインされ、開放感がたまりません。

デスクに座ってパソコン仕事をスタート。デスクとイスのバランスもちょうどよく、メモとペンが近くに置いてあるのも便利ですね。デスクライトをつけて、仕事モードもオンに!

デスク上にあるBOSEの室内スピーカーでBGMも楽しめます。仕事に集中したいときはクラシック音楽を、単純作業のときには情報インプットのためにラジオを流すなど、仕事内容によって音環境を作れるのもいいですね。もちろん、コンセントもデスク上に配置されています。

客室ワークで特筆すべきは、この眺望! 東京タワーが見えるこちらのビューには高い建物がなく、空が広く感じます。パソコンを見続けた目と頭を休めるために、この東京らしいビューでひと息つけるのは最高ですね。また、客室「エグゼクティブキング」には、クラブラウンジアクセス特典もあるので、クラブラウンジでひと息つくのもおすすめです。

ロビーラウンジorスカイラウンジ、どっちでひと息つく?

1階「ザ・ラウンジ」

客室での仕事がひと段落したら、場所を変えてリフレッシュしませんか。館内にいくつもの飲食スポットがある「ウェスティンホテル東京」でおすすめなのが、1階のロビーラウンジ「ザ・ラウンジ」(12~20時)です。天井高約13mという開放的な空間で、ひと息つきましょう。季節限定のドリンクもあるので、要チェックです。

22階「コロンバスローズ」のバーカウンター

高層眺望を眺めて休憩したい人には、22階にあるスカイラウンジ「コロンバスローズ」(16~23時、土・日曜、祝日12時~)もおすすめ。30種以上のカクテルが揃います。17時以降は、大人のみの利用となるので静かにリラックスできますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ