無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1分でバキバキ背中がほぐれる!理学療法士の「肩甲骨はがし」で肩こり解消

美容

「ファシア」というからだの組織をご存じですか?肩甲骨まわりのファシアをほぐすことで、つらい肩こりやダイエットにアプローチできるといいます。そこで、今回はあんしん漢方の理学療法士、濱南くにひろさんにファシアについて伺いました。いま話題の肩甲骨はがしを覚えてすっきりと軽い肩を目指しましょう。

肩甲骨のセルフチェック2「背中タッチ」

背中タッチは、背中で両手を合わせるセルフチェックです。みなさんも一度はやったことのある方法だと思います。

背中タッチのやり方

1. 右手を上から、左手を下から背中にまわす。
2. 背中の方で右手と左手がタッチできればファシアがゆるんでいる証拠。タッチできない方は、ファシアが硬くなっている状態。

3. (1)が終わったら、左右の手を入れ替えて同様のことを行う。

おすすめの肩甲骨はがし2選

photo:photo-ac

それでは、ファシアをほぐす肩甲骨はがしをみていきましょう。

肩甲骨を上にはがす「広背筋ストレッチ」

広背筋をストレッチする過程で肩甲骨が上方向にはがれていきます。肩こりの原因になりやすい、巻き肩姿勢の改善にもぴったりです。

広背筋ストレッチのやり方

1. イスに座る。

2. 右手をバンザイしながら、左斜め45度に上半身を倒していく。

3. 右の脇腹が伸びていればOK。30秒ほどストレッチする。

4. (1)~(3)が終わったら、今度は左手で同様のことを行う。

肩甲骨をいろいろな方向へ動かす「くるくるストレッチ」

くるくるストレッチでは、肩甲骨を上下・左右・前後さまざまな方向へ動かします。五十肩の治療にもよく使われているストレッチです。ポイントは、できるだけひじで大きな円を描くことです。

くるくるストレッチのやり方

1. 右手を右肩、左手を左肩に置く。

2. ひじで大きな円を描くようにくるくる回す。
3. 前回しを行ったら、後ろ回しも行う。

肩こりには漢方もおすすめ

photo:photo-ac

「肩こりを根本から何とかしたい」
そんな方におすすめしたいのが、漢方薬で体質改善を目指す方法です。肩こりはファシアや筋肉の血流トラブルで生じますが、それらの根本的な原因に対して効果が認められている漢方薬はいくつもあります。

自然由来の医薬品として効果が認められている漢方薬のちからで、体内のバランスを整え「よい体質」を取り戻すことは、肩こりの改善にとても効果的です。運動が難しい方でも手軽に始められるので、セルフケアを行う時間がない方にもピッタリです。

ここからは、「血」と「水」のバランスを整え、肩こり改善を期待できる漢方薬をご紹介していきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ