無料の会員登録をすると
お気に入りができます

建築美にも注目!読書の秋に行きたい、東京おしゃれ図書館5選

旅行・おでかけ

食欲の秋に、芸術の秋。いろいろな秋があるけれど、今年は一人でのんびり“読書の秋”に浸ってみるのはいかがですか?都内には、建造物の美しさに触れたり、併設のカフェでのんびりしたりと、本を読むことプラスαの要素も楽しめる図書館がたくさんあるんです。今回は、この秋訪れたい都内の図書館を5つご紹介します!

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

【上野】歴史あるレンガ造りの図書館で、世界の絵本に出会う/国立国会図書館国際子ども図書館

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

上野駅から徒歩約10分の「国立国会図書館国際子ども図書館」は、世界各国の絵本が見られる国立の児童書専門図書館。

こちらの図書館は、建物そのものも魅力の一つ。1906(明治39)年に帝国図書館として建設された「レンガ棟」と、2015年に完成した「アーチ棟」の二つからなり、新旧の建築美に触れることができます。

写真の「レンガ棟」は、明治期を代表するルネサンス様式の洋風建築。都の歴史的建造物にも指定されており、品のあるレトロな雰囲気がステキです!

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

こちらはモダンなデザインが美しい「アーチ棟」。本をめくるようなイメージで設計されたという、ゆるやかに弧を描いたデザインが印象的です。

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

所蔵する本は、国内外の児童書や関連資料を中心に約50万冊。世界160カ国の児童書があり、絵本を通して外国の文化を学べるのがおもしろいですね。

レンガ棟1階の「子どものへや」には、主に小学生以下を対象にした絵本、読み物、知識の本が1万冊ほどそろいます。昔読んでいた絵本に出会え、懐かしい気分に浸れるかも!

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

レンガ棟内には、明治から現代までの児童書が並ぶ「児童書ギャラリー」(写真)や、帝国図書館時代に貴賓室として使用されていた「世界を知るへや」、吹き抜けの「大階段」など、創建時の明治や昭和の面影が残る場所もたくさん。

100年以上前のレンガも見られるので、歴史を感じながら館内をのんびり巡ってみてくださいね。

国立国会図書館国際子ども図書館
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ