無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無理にモノを減らさなくてもいい!スッキリシンプルに暮らせる5つの近道

インテリア

部屋を広く使いたいならモノをシンプルに…それはわかっていてもどうしてもモノ減らせない、とお悩みの方は多いかもしれません。そんなあなたに取り入れてみて欲しいのが「引き算インテリア」。今回は、シンプルにすっきりと暮らす5つのコツをご紹介します。今あるモノを「引き算」するという発想で、部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか。

ハンガーラックや棚のなかにあったモノを引き算するときには、それらの行先も同時に決めるとシンプル化がスムーズに。とりあえずの置き場である保留ボックスをつくったり、リサイクルに出したりなどご自分に合った方法を試してみてください。このような作業を繰り返すことで、モノが滞留しづらくなります。

www.goodrooms.jp

引き出しのついたキャビネットは、引き算インテリアにぴったりの家具。たとえば趣味のモノは「引き出しひとつに収まるだけ」と決めてしまえば、収納スペースにモノの分量を合わせやすくモノが増えることを防ぎやすくなります。

4:捨てられないと思うモノは写真で残す

www.goodrooms.jp

思い出のモノは、本体(カタチ)はなくても記録に残っていると気持ちが満たされることも。どうしても場所をとり残しておくことが難しいなら、写真などで残すというアイデアもあります。

www.goodrooms.jp

記録に残したモノの写真や思い出の写真、手づくりの作品などは、アートのように飾れば暮らしに活かされていると感じ、より心がラクになります。インテリアの一部として新たなスポットが当たれば、しまい込んでいた思い出の品が輝きを増すことでしょう。

5:「いつか使う」のいつかの期限を決める

www.goodrooms.jp

モノの行先を保留したボックスは、月1回、年1回など見直すことをおすすめします。無理に捨てようとせず、機が熟すのを待つのもOKです。寝かせるつもりで一箇所に集めておくとよいでしょう。

www.goodrooms.jp

保留ボックスは、出したままでも見た目もシンプルでインテリアになじむ収納ボックスを使うのがおすすめ。無印良品の収納ボックスは、丈夫で見た目よりも軽く汎用性が高いので、さまざまなモノの収納に向いています。積み重ねもでき、ちょっとした空きスペースを有効活用できますよ。

「引き算インテリア」で今よりもっとすっきり暮らす

www.goodrooms.jp

モノを間引き、その行先を決めてゆっくりとシンプル化していく。引き算インテリアは、特別なモノを用意しなくてもすぐに取り掛かれるアイデアです。お気に入りのモノが際立ち、好きなモノに囲まれた暮らしを実感できますよ。あなたもぜひ、トライしてみてはいかがでしょうか。

photo / goodroomjournal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ