無料の会員登録をすると
お気に入りができます

奈良のレトロカフェ「喫茶52」のカクテルイメージ“大人味”クリームソーダ

旅行・おでかけ

「近鉄奈良駅」からほど近い興福寺の南側に、“ネオクラシック”なカフェ「喫茶52(フィフティセカンド)」がお目見えしました。重厚なカウンターとベロア張りのチェアというレトロな設えに、ゲームテーブルやジュークボックスも配置され、まるで昭和にタイムスリップしたよう。大人味のクリームソーダも絶品なのです!

大人の遊び心をとことん追求した「喫茶52」

興福寺へと続く店舗前の階段が52段だったことが店名の由来

「近鉄奈良駅」から徒歩約10分。興福寺からほど近い場所に「喫茶52」はあります。オーナーが子どもの頃に親しんだという純喫茶をイメージし、“文化と歴史の交差点になれば”と作り上げたお店です。

隅々まで作り込まれた店内

バーのようにも思えるシックな店内デザインは、まさにネオクラシック。レトロさはありながら、ピカピカに磨き上げられたカウンターやほつれの一切ない美しいチェアなど、昭和の上質な空間がそのままタイムスリップしてきたかのようです。

1回100円のジュークボックス

これぞレトロ!なゲームテーブル。1プレイ100円

調度品にもこだわり、昔の喫茶店には欠かせなかった「ジュークボックス」や「ゲームテーブル」もセット。中森明菜や松田聖子など往年の歌謡曲がずらりと並ぶジュークボックスが遊び心をくすぐります!

大人味の「メロンクリームソーダ」を堪能

そんな同店の名物が、「メロンクリームソーダ」と「レモンスカッシュ」。一般的なメニュー名なので“いわゆる喫茶店のドリンク”を思い浮かべてしまいますが、侮ることなかれ。どちらも、世界一のバーテンダーに選ばれたこともある奈良の有名バー「LAMP BAR(ランプバー)」の店主とともに考案したモクテルで、普通のカフェドリンクとは一線を画す味わいなのです。今回は、とくに人気の「メロンクリームソーダ」をオーダーしました。

メロンシロップをベースにニガヨモギをはじめとした薬草を加えることで、“禁断の酒”と呼ばれるカクテル・アブサンをイメージしているそう。アブサン用のグラスで提供されるニクイ演出にも心踊ります。

「メロンクリームソーダ」950円

バニラアイスの上にはほんの少し炭塩をトッピングし、お馴染みのチェリーはアブサンの角砂糖をイメージしてスプーンにオン。普通だけどどこか違う、そんなルックスにわくわく。
口に含むと、ハーブのような香りが広がって…おいしい! クリーミーなバニラアイスと炭塩の相性も抜群で、ラグジュアリーなデザートをいただいているようでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ