無料の会員登録をすると
お気に入りができます

関西・中国夜間ライトアップや宿泊も♡秋旅におすすめ「紅葉名所」5選

旅行・おでかけ

秋の行楽といえば、真っ先に思いつくのは紅葉ですよね。赤や黄色に色づく木々の葉がつくりだす鮮やかな光景につい目を奪われます。今回はそんな美しき紅葉を愛でることができる、関西・中国エリアの観光スポットや宿泊施設をお届け。今が旬の景色に会いに行ってみませんか。

京都の中でもっとも著名な紅葉の名所「清水寺」

photo:京都ブライトンホテル

最初にご紹介する京都の紅葉スポットは、年間を通して世界中から多くの観光客が訪れる世界文化遺産「清水寺」。京都に訪れたのであれば外せない観光名所で、歴史ある神社仏閣と共に織りなす紅葉狩りは時を忘れるほどの風情があります。

そんな清水寺の紅葉を心行くまで楽しむべく、京都市内のほぼ中心に佇む「京都ブライトンホテル」は、一般拝観の閉門後にホテル宿泊中のお客様50名のためだけに寺社を貸し切る宿泊プランを開催中。

photo:京都ブライトンホテル

夕食は3つのレストランからお好みのディナーを選ぶことができ、席はグループごとに。また、寺社仏閣巡りが好きな方にも嬉しいオリジナル御朱印付きです。紅葉を愛でるのはもちろん、清水の観音さまを参り、感謝の心を持って過ごされるのはいかがでしょうか。

京都ブライトンホテル
住所:京都市上京区新町通中立売(御所西)
開催日程:12月1日(水)
料金:40,800円~(1名分/2名1室利用の場合)プラン内容:当日からの1泊夕朝食付き(清水寺までの送迎・拝観料込み)

昼と夜の2つの顔が楽しめる「金戒光明寺」

photo:浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺

幕末に会津藩・京都守護職の本陣となった「金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)」は、新選組ゆかりの寺院としても有名な場所です。今回の特別拝観では、日中・夜間ともに普段非公開の書院と紅葉に彩られた回遊式庭園「紫雲の庭」を公開。

photo:浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺

夜間拝観ではライトアップされた紅葉はもちろん、紫雲の庭の水面に映る紅葉を愛でることもでき、幻想的な雰囲気に包まれます。枯山水庭園と回遊式庭園が彩られた、うっとりするほどの美しさを体感してくださいね。

photo:浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺

昼の顔はこちら。
日中拝観では御影堂・大方丈・庭園に加え、市内を一望できる山門も特別公開されます。天気の良い日に見渡せる山門上からの眺望はまさに絶景なり。

photo:浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺

夜の顔はこちら。
境内からライトアップされた山門と共に、京都市内が一望できる夜間拝観。期間中は、お琴や篠笛などの邦楽の生演奏を楽しむこともできます。

浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺
住所:京都府京都市左京区黒谷町121
拝観期間:11月12日(金)~12月5日(日)
拝観時間:10:00~16:30(最終入場 16:00)/17:30~20:30(最終入場 20:00)
料金:各箇所 大人1,000円/子供500円 全箇所セット券 大人1,600円/子供800円
※その他、料金の詳細はホームページをご確認ください。

紅葉の名所としても知られる自然公園

photo:知れば知るほど奈良はおもしろい実行委員会会員

続いてご紹介するのは、秋の行楽シーズンに合わせて密を避けながら奈良で楽しめる体験やイベント、隠れた観光地の紹介をしている「知れば知るほど奈良はおもしろい」キャンペーンのひとつ。
標高735mの鳥見山頂上付近にある勾玉池を中心とする「鳥見山公園」。園内の自然も豊かで、公園のいたるところで木々が色づき、秋は紅葉スポットとしても名高い自然公園です。また、展望台からは大和盆地や宇陀地域の山々を一望することができ、雲海が現れた日はまさに絶景。紅葉の中をゆっくりと歩きながら、池を一回りなんていかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ