無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エコファーとは?素材の特徴と人気のエコファーアイテム12選

ファッション

秋冬の定番となりつつある「エコファー」。フェイクファーとどう違うの?といった疑問から、バッグやマフラーなどおしゃれなエコファーアイテムまでたっぷりとご紹介します。

目次

エコファーとは?フェイクファーとの違い

nocoさんの「ファーのミニマルウォレット」

エコファーとは、フェイクファーと同じく合成繊維を使い、毛皮に似せてつくられた素材のことをいいます。エコファーの「エコ」は環境を意味するecology(エコロジー)の略。フェイクファーの「フェイク」は偽物という意味なので、なんだか少しネガティブな印象を受けてしまいますが、両方同じものを意味することばです。

エコファーの特徴・魅力

chikoさんの「ふんわり幸せになれるスヌード」

エコファーは、合成繊維でつくられているので自然の毛皮にはない色や柄をつけることができます。動物愛護の観点からはもちろん、デザインの自由度の高さから、最近ではエコファーを採用するブランドも増えています。

エコファーのお手入れと洗濯について

日常的に行いたいエコファーのお手入れ方法と洗濯をする際の注意点について解説します。

FunnyGoods!さんの「2wayミニマルふわふわファーバッグ」

エコファーのお手入れ方法

エコファーアイテムを使った後は、陰干しをして完全に乾燥させ、やわらかい洋服ブラシで毛並みの乱れを整えるようにしながら、さっと汚れをとりましょう。濡れてしまった場合は、軽く降って水分を振り落とし、タオルで拭いた後に陰干しします。乾いた後は、遠くから温風のドライヤーをあて、毛並みに沿ってブラッシングをします。

手洗いの場合

1.洋服ブラシでホコリを落とします。毛並みに逆らうようにブラッシングし、毛の間のホコリを掻き出すようにするのがポイントです。
2.桶にぬるま湯(30度くらい)と規定量の中性洗剤を入れ、エコファーをやさしく洗います。
3.洗剤液を捨てて新しいぬるま湯を用意し、エコファーをすすぎます。
4.もう1度桶のぬるま湯を捨て、新しいぬるま湯を用意します。規定量の柔軟剤を入れ、エコファーに馴染ませます。
5.エコファーを軽く絞り、タオルで水気を取ります。
6.水気がなくなったら、温風のドライヤーで乾かし、ブラッシングします。

洗濯する場合

1.洗濯が可能な場合は、エコファーを軽くたたんで洗濯ネットに入れます。
2.「おしゃれ着(ドライ)コース」などのやさしく洗えるコースで「おしゃれ着用洗剤」を使って洗濯します。脱水が可能かどうかなど、事前に洗濯表示を確認するようにしましょう。
3.洗い終わったら風通しのいいところで陰干します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ