無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年間300軒以上食べ歩くパフェ通イチ推し!京都秋の絶品美パフェ5選

旅行・おでかけ

そろそろ紅葉が見ごろを迎える京都。秋のお出かけ先に選んでいる方も多いのでは。その京都、実は美味しいパフェの宝庫だということをご存知でしょうか?今回は、京都にて年間300軒以上ものカフェを訪れ、パフェを食べ歩いているという「g 京都カフェ」さんに絶品パフェが味わえる名店を教えてもらいました。

旬の栗を堪能できるパフェ @二軒茶屋

京都屈指の観光地である祇園。その顔ともいえる八坂神社の鳥居内にお店を構えるのが、「二軒茶屋」。創業480年以上の老舗茶屋です。

今の時期に味わうなら、季節限定の「栗パフェ」。 ミルクソフトに栗アイスや自家製栗きんとんなど、色々な形で栗を味わえる一品です。コロンとしたフォルムのグラスに入った見た目も愛らしいですね。

「ミルクソフトが、練乳を超えてキャラメルに近いぐらいとても濃厚で、目の覚める美味しさ。本格派の栗きんとんで和栗の風味を堪能。あっという間になくなってしまう栗アイスの儚さにさみしさすら覚える。個人的にはかなりおすすめの栗パフェなので、祇園散策のついでにぜひ食べてみてほしい。」(g 京都カフェさん、以下同様)

栗パフェ
1,400円(税込)

バラの花咲くぶどうとリンゴのパフェ @cafe ioa

京都駅からバスで30分ほどの千本今出川(せんぼんいまでがわ)から少し下がったところにある「cafe ioa(カフェ イオア)」。季節のフルーツを使ったパフェやスイーツが人気のお洒落なカフェです。

写真は、秋限定の「秋りんごとニューピオーネのパフェ」。トップに乗ったニューピオーネは、甘さと酸味のバランスが良く深い味わいが魅力です。パフェの下のほうには小さくカットされたぶどうがたくさん入ったジュレ。上から下までぶどうの美味しさを堪能できる贅沢さ。

「薄くカットしたりんごで、薔薇の花のように盛り付けられているのが素敵。毎回、よくどのパフェも目を引くデザインに仕上げられるなぁと感心する。」

秋りんごとニューピオーネのパフェ
1.450円(税込)

柿を丸ごと2個使ったパフェ @ARROW TREE

京阪三条駅から徒歩2分ほどの好立地に店を構える「ARROW TREE(アローツリー)」は、旬のフルーツを使ったケーキやパフェが豊富なフルーツパーラーのようなお店です。

ご紹介するのは、ちょっと珍しい柿のパフェ。まさにこれからが旬の柿ですが、スイーツに使われるイメージがあまりありませんよね。そんな柿を丸ごと2個つかったボリューム満点のパフェです。

「よく熟れた柿は深みのある甘さで美味しい。柿でお腹いっぱいになれるなんて幸せじゃない。ほうじ茶アイスとカスタードが柿との相性抜群で、パフェとしても完成度は高い。」

柿パフェ
1,430円(税込)

焼き菓子の魅力も楽しめるパフェ @紅茶館

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ