無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファンデーションに「オイル」をプラス!1日中潤いが続くベースメイクの作り方

美容

今回は美容オイルの保湿力をいかしたベースメイクの作り方をご紹介。「秋冬はベースメイクが乾燥で崩れやすい…」そんなときは、オイルをプラスして1日中潤った肌を手に入れましょう。
スキンケアの最後に使用したり、ファンデーションに混ぜたりと手段は様々。ぜひ自分に合ったオイル活用法を見つけてみてくださいね。

ただ保湿をするだけじゃない!美容オイルのメリットとは

bybirth.jp

数あるスキンケア製品の中でも、特に高い保湿力を持つ美容オイル。肌の乾燥に効果的なのは知っているけれど、仕上がりのベタつきが苦手…という方も多いのではないでしょうか?

実は、美容オイルは保湿以外にもさまざまな効果を発揮してくれる万能なアイテムなんです。

1. 肌の水分・油分バランスを整える

美容オイルを肌のケアに取り入れることで、乾燥により不足した油分を補うことができます。水分・油分のバランスが整うと、余分な皮脂の分泌が抑えられたり、カサつきを防いだりすることが可能になります。

2. ふっくらと柔らかい肌へと導く

ブースターとして美容オイルを使用すると肌が柔らかくなり、化粧水の浸透がよくなります。普段のスキンケアで保湿力が物足りないと感じる方は、洗顔後に美容オイルを薄く伸ばすだけで、ふっくらとした仕上がりになりますよ。

3. マッサージで血行を促す

美容オイルはその他の保湿剤に比べて伸びが良く、顔やボディのマッサージに適しています。オイルで肌の滑りを良くしてからマッサージをすると、血行が促進され、顔のむくみが改善されたり、顔色がよく見えたりする効果が期待できます。

ベースメイクを長持ちさせる美容オイルの使い方

bybirth.jp

美容オイルのベタつきが苦手なら、普段使用しているアイテムに“ちょい足し”で保湿効果を高めましょう。秋冬の乾燥シーズンにも使える、ベースメイクを長持ちさせるための美容オイルの使い方をご紹介します。

スキンケアにオイルをプラス

ベースメイクが乾燥してしまうのは、肌そのものの潤いが足りていないからかもしれません。まずは土台を整えるつもりで、スキンケアの保湿力をアップさせましょう!

ここでの美容オイルの使い方は、化粧水や乳液に数滴垂らすだけ。肌の油分が補給されて、乾燥しにくい状態を作ることができます。

ベースメイクにオイルをプラス

続いておすすめするのが、ファンデーションにオイルを混ぜる使い方。お手持ちのBBクリームやリキッドファンデーションにオイルを垂らして、しっかりと混ぜ合わせてから肌にのせます。

ベースメイクの伸びが良くなるだけでなく、乾燥崩れを防ぐ効果が期待できますよ。肌表面にも艶が出て、いきいきとした印象を与えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ