無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お尻ほぐし&トレーニングまとめ]冷え尻、コリ尻、セルライト尻...悩み別ケアでプリケツ美人に!

美容

リモートワークがスタンダードになった今、これまで以上に座っている時間が長くなり、お尻の筋肉がカチコチに。そのコリ、ほうっておくと大変なことになるかも!? そこで、『全身きれいになりたければ、お尻だけほぐせばいい!』で話題の鍼灸師・田口咲さんに、基本のお尻ほぐしやトレーニング方法を教えていただきました。

1.お尻をほぐすとカラダにいいこと5つ

ヒップラインだけじゃない!お尻ほぐしで全身キレイに

長年セラピストとして活動した経験から、「体のすべての不調はお尻に現れる」と気づいた田口さん。

「バイラ世代の女性を中心に、これまでたくさんのお客さまのケアをしてきましたが、体に不調がある人は、大抵お尻が冷えていたり凝っていたりと、お尻にも不調があると感じていました。そこから体についてより深く勉強するうちに、お尻まわりには全身の代謝に関わる大きな筋肉や、太い血管、神経、髄液など、体を整えるために大切なものが集中しているということに気づいたんです。実際にお尻の筋肉をほぐすと、体調のみならず、脚の形や顔の大きさにまで変化が出て、無理なダイエットをするよりもずっと効率的にボディラインが整うのを実感しました。

お尻ほぐしには3つポイントがあります。まず、大殿筋や中殿筋、小殿筋が重なるミルフィーユポイント。本来は血液を循環するポンプ機能を担っていますが、硬くなるとポンプが正常に動かず巡りが低下します。2つ目は太い血管や神経が集中する仙骨まわり。ここが冷えると血流やリンパの流れが悪くなり、冷えなどの原因に。3つ目は尾骨。尾骨と脊髄の間には髄液が流れています。尾骨がゆがむと髄液の流れが滞り、むくみなどを招く可能性が。

この3ポイントをケアすれば、全身不調知らずに。まずはお尻からキレイになりましょう!」(田口 咲さん)

こんなお尻になってない?

□ 硬くて冷たい
□ セルライトがある
□ 大きすぎる、たれている
□ 質感がざらざら

お尻をほぐすとこんなにいいことが!

● 代謝がよくなり、痩せやすい体に
仙骨のあたりには太い血管が多く集まっているため、ここを刺激すると血行がアップ。全身の血流が高まることで代謝がぐんと高く。
● 冷え、婦人科系の不調が改善
お尻周辺の大きな筋肉をほぐすことで、血行がよくなり冷えが改善。PMSや生理不順など、女性特有の不調にも大きな効果があり。
● O脚が改善、すらりと美脚!
歩き方のクセなどで足の外側に筋肉が張り出してしまうO脚。お尻がほぐれると脚の骨や筋肉が正しい位置に戻り、ゆがみが改善する。
● 眠りの質がよくなる
仙骨周辺をほぐすことで、心身をリラックス状態に導く副交感神経が優勢に。眠る前にマッサージすれば、眠りが深く上質に。
● 小顔と美肌が手に入る
尾骨周辺を刺激することで髄液の流れも活性化。頭部にたまった髄液がスムーズに巡り、頭や顔の浮腫がスッキリして小顔印象に。

お尻をほぐすとカラダにいいこと5つを詳しくチェックする

2.基本の3つのお尻ほぐし

働くバイラ世代なら誰もが凝っている、3つのポイントのほぐし方を解説。この3カ所をケアすれば、お尻だけではなく肌や顔、肩コリにも効果あり!?

お尻ほぐし1【ミルフィーユポイント】

その名のとおり、複数の筋肉が重なる場所。ここをほぐすと筋肉のポンプ作用が正常に働き、血液やリンパの流れが促進し、冷えやむくみが解消。
腰骨の高さで左右の親指を背中の中央で合わせ、親指以外の指を斜め45度に下ろした、押すと少し痛い部分
START
両脚を左に出し、ひざをかるく曲げて横座りに
《1》横座りになり、腕を使って体を支える
右腕のひじ下と左手で体を支え、上体を倒す。腰が痛い場合はタオルを敷いて
《2》ひざをそろえて脚を揺らす
両ひざを曲げたまま、揺らすように立てたり倒したりを左右5回ずつ繰り返す

基本のお尻ほぐし【ミルフィーユポイント】を詳しくチェックする
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ