無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お尻ほぐし&トレーニングまとめ]冷え尻、コリ尻、セルライト尻...悩み別ケアでプリケツ美人に!

美容

お尻ほぐし2【仙骨周辺】

太い血管や副交感神経、内臓につながる神経が通うのが仙骨周辺。子宮や卵巣の機能を高めるツボもある、女性にとってとても大切な場所。
《1》お尻の三角ポイントを意識
あおむけになって両ひざを抱えたら、お尻に逆三角形をイメージ。ひざをゆっくり右に回しながら、お尻の重心も同様に移動させ、右上の角を床に当てる
《2》ひざの回転とともにお尻の重心を下に
ひざを抱えたまま、今度は重心が三角形の下の角に移るようにゆっくりと回す
《3》右回しを3回繰り返したら左も同様に
さらにひざを回し、重心を三角形の左上に。1〜3でひざを1回転させ、左右3回転繰り返す

基本のお尻ほぐし【仙骨周辺】を詳しくチェックする

お尻ほぐし3【尾骨周辺】

背骨の終点にあるとがった骨が尾骨。尾骨周辺をゆるめることで脊髄につながる髄液の流れが促進し、顔のむくみや肩コリなどのトラブルが改善する。
START
ハンドタオルをおしぼりのようにたたむ
《1》タオルの上に座り、背すじを伸ばす
ひざをかるく曲げて、背すじを伸ばした姿勢をつくる。両手のひらはつま先と同じ向きにして床にべたっとつけておく
※タオルを割れ目の下に置き、お尻で挟む
《2》骨盤を前後して尾骨にタオルを当てる
両ひじを曲げながら体を後ろに倒す。その際、骨盤を倒すように尾骨にタオルを押し当てる。1と2の骨盤の前後運動を5回繰り返す

基本のお尻ほぐし【尾骨周辺】を詳しくチェックする

3.お尻悩み別・ほぐし&トレーニング

基本の3つのエクササイズをマスターしたら、今度はお悩み別のケアを習得!ピンポイントのケアで春までにプリッと引き上がった美尻を手に入れよう。

お尻悩み1【冷え尻】

「『お尻は冷えていて当然』そう思っている人は危険信号! 長時間座っていたり運動が充分にできていないことで血流が悪くなっているのが冷え尻の要因です。血液が正しく巡っていれば、お尻もポカポカになれるんです」(田口咲さん)
《1》手のひらの体温でお尻全体を温める
あおむけでひざをかるく曲げたら、手のひらでお尻を包み込むように温める。手をずらしながら全体を温めて。
《2》ひざを曲げたまま脚を左右に開く
両足はつけたまま、ひざを曲げた状態で開けるところまで開脚。10回繰り返す
『手が痛かったらタオルを敷いて』
《1》脚を上げて全体を開くとより効果的!
お尻を温めたら、両脚をつま先までそろえて真っすぐ上げる
《2》無理のないところまで開脚する
ゆっくりと股関節から開き、両脚を広げる。痛くない程度でOK

【冷え尻】のほぐし&トレーニング法を詳しくチェックする

お尻悩み2【コリ尻】

「デスクワークが多い人は、コリ尻になっている可能性が。長時間お尻に負荷がかかることで、お尻の血流が悪くなってお尻自体が凝り固まってしまいます。お尻のたるみや広がりに加え、下半身の血流が悪くなって脚の冷えやむくみの原因にも」(田口咲さん)
STARTタオルを当てながら凝っている場所を探る
床に座って両脚をかるく曲げたら、おしぼり状のタオルをお尻に当て凝っている部分を探す
《1》コリの強い部分にタオルを挟み込む
特にコリを感じた部分にタオルを挟み込み、タオルが逃げないように体重をかける
《2》両脚を浮かせてタオルの上に体重をかける
両脚をゆっくりと浮かせて、タオルの上にお尻の体重がかかるように意識。10秒×3回
足をついてもOK
脚を浮かせるのがつらかったり、負荷がかかりすぎてお尻に痛みを感じるときは、脚を下ろしたままでもOK
『イタ気持ちいい部分がコリポイントよ!』

【コリ尻】のほぐし&トレーニング法を詳しくチェックする

お尻悩み3【セルライト尻】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ